参院選が終わって選挙シーズンもまずは一段落、気がつけば都議選からはあっという間に1ヶ月たちました。
改選後初の定例都議会が9月下旬から始まります。

定例会を前に、ひがし広場の都政わいわい勉強会PJでは、都政新報記者の森地明氏を講師に迎え、都議会・都政の今後について考える勉強会を企画しました。

【講師紹介】
森地明(もりち あきら)氏。
都政新報社・都庁担当キャップ。都政・都議会のウラもオモテもよく知る、記者歴18年のベテラン記者。
共著「都構想の罠」(Kindle版)
http://p.tl/er6Y

前半は「改選後の都議会を読む」と題して、現役記者の目から見た改選後の都議会・都政の動きについて注目すべきポイントをうかがいます。
後半は質疑応答のあと、都議会・都政の今後について自由に話し合う時間を持ちます。

開かれた都議会をつくるために、私たち市民には何が出来るのか、この勉強会で一緒に考えてみませんか。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年08月31日(開場13:40 開始14:00 終了16:00)
開催場所雑司ヶ谷地域文化創造館 第2会議室
(東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内)
参加費500円(税込)
定員35人(先着順)
申し込み開始2013年07月26日 00時00分から
申し込み終了2013年08月31日 00時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2013年08月31日

都政わいわい勉強会:改選後の都議会を読む

東京都豊島区雑司が谷3-1-7 千登世橋教育文化センター内

http://kokucheese.com/event/index/104251/

参院選が終わって選挙シーズンもまずは一段落、気がつけば都議選からはあっという間に1ヶ月たちました。 改選後初の定例都議会が9月下旬から始まります。 定例会を前に、ひがし広場の都政わいわい勉強会PJでは...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク