マンガ文化の自由を考える国際シンポジウム

 日本の児童ポルノ禁止法改正案附則2条の「漫画規制検討条項」が、マンガ文化の世界的な萎縮を招くのではないかという懸念が、海外の関係者からも指摘されるようになりました。
 今回のシンポジウムでは、全米反検閲連盟のスヴェトラーナ・ミンチェバさんと、コミック弁護財団のチャールズ・ブラウンスタインさんをお迎えして、この問題を考えます。

日時:
 平成25年8月13日(火)13時00分~17時00分
場所:
 文京シビックセンター26階・スカイホール

講師:
 スヴェトラーナ・ミンチェバ(全米反検閲連盟・事業担当役員)
 チャールズ・ブラウンスタイン(米国コミック弁護基金・事務局長)

内容:

講演① 13:00~14:45
 演題:
 合衆国におけるマンガ表現規制の現状と、コミック弁護基金の活動について
 講師:
 チャールズ・ブラウンスタインさん (米国コミック弁護基金事務局長)
 Mr. Charles Brownstein
 (Executive Director of the Comic Book Legal Defense Fund)

講演② 15:00~16:45
 演題:
 性的ファンタジーに対する法的制限は認められるべきか
  合衆国とその他の地域における歴史的、法的、政治的な視点から考察する
講師:
 スヴェトラーナ・ミンチェバさん (全米反検閲連盟 事業担当役員)
 Ms. Svetlana Mintcheva
 (Director of Programs of National Coalition Against Censorship)


共同開催:
 コンテンツ文化研究会
 特定非営利活動法人うぐいすリボン


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年08月13日((火) 13:00~18:00)
開催場所文京区シビックセンター26階・スカイホール
(東京都文京区春日1丁目16番21号)
参加費無料
定員80人(先着順)
主催

イベント概要

2013年08月13日

マンガ文化の自由を考える国際シンポジウム

東京都文京区春日1丁目16番21号

http://kokucheese.com/event/index/104499/

マンガ文化の自由を考える国際シンポジウム  日本の児童ポルノ禁止法改正案附則2条の「漫画規制検討条項」が、マンガ文化の世界的な萎縮を招くのではないかという懸念が、海外の関係者からも指摘されるようになり...

申し込み受付は終了いたしました。

スポンサード リンク