■真の継続的デリバリーが分かる!

近年、技術革新により、新しいツールや技術による「継続的デリバリー」、「CIツール」が巷を席巻しています。

しかし、電子ツールだけでは真のユーザーニーズを知ることは難しいのが現実なのではないでしょうか。

今回、XPJUG関西の分科会でもある「Developer's Test勉強会」と協力し、「ユーザーへ継続的に価値を届ける方法」を皆さんといっしょに考える場をご用意しました。

紙とペンを使ってワークショップ形式で「継続的デリバリー」について考えます。

興味のある方は、是非ご参加下さい!

■アジェンダ

  1. 受け付け(14:00~)
  2. オープニング(14:30~)
  3. 事例発表(14:35~)
  4. グループワーク(15:00~)
  5. 成果発表(16:20~)
  6. ふりかえり(16:40~)

■事例発表

  • Yahoo!大阪 山本学さん
    • 「Yahoo!クラウドソーシング」の場合

■ワークショップ

  • 初心者向けの内容となっています。
  • CIツールや電子アプリの説明ではありません。
  • 世の中に提供した製品に対し、ユーザーからフィードバックを引き出し、製品に反映する方法について、紙とペンを使ってグループワークを行います。
  • 【対象】
    • 「継続デリバリーとは何か?」を知りたい方。
    • 開発した製品に対し、フィードバックを得る方法をお探しの方。

スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年08月17日(受付:14:00  実施:14:30~17:00)
開催場所弁天町市民学習センター
(大阪府大阪市港区弁天1丁目2−2 オーク2番街東館 7F)
参加費無料
定員20人(先着順)
申し込み開始2013年07月30日 00時00分から
申し込み終了2013年08月16日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2013年08月17日

お客様へ価値を届け続けるために~継続的デリバリーの活用~

大阪府大阪市港区弁天1丁目2−2 オーク2番街東館 7F

http://kokucheese.com/event/index/105143/

# ■真の継続的デリバリーが分かる! 近年、技術革新により、新しいツールや技術による「継続的デリバリー」、「CIツール」が巷を席巻しています。 しかし、電子ツールだけでは真のユーザーニーズを知ることは...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク