香港における創作表現を取り巻く現状 
 ―著作権問題と審査制度などから―

日時:
 平成25年8月13日(火)10:30~12:00
場所:
 文京シビックセンター26階・スカイホール

講師:
 張彧暋(チョウ・イクマン)さん
  (香港中文大学社会学科講師)
 Dr. CHEUNG Yuk Man
  (Lecturer, Department of Sociology, Chinese University of Hong Kong)


内容:
 我が国でも著作権侵害が非親告罪化されるのではないかとの懸念が広がっていますが、日本と同様にマンガが庶民に広く親しまれている香港では、著作権法制の強化によって、パロディ漫画などが禁止されるようになってしまいました。
 この背景には、知的財産権拡大の問題だけではなく、風刺漫画を警戒する中国共産党政府の意向が絡んでいるとも言われています。
 香港における創作表現を取り巻く現状について、著作権制度と審査制度などの観点から、香港中文大学講師の張彧暋先生に解説をして頂きます。


共同開催:
 コンテンツ文化研究会
 特定非営利活動法人うぐいすリボン


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年08月13日((火) 10:30~12:00)
開催場所文京区シビックセンター26階・スカイホール
(東京都文京区春日1丁目16番21号)
参加費無料
定員80人(先着順)
主催

イベント概要

2013年08月13日

香港における創作表現を取り巻く現状

東京都文京区春日1丁目16番21号

http://kokucheese.com/event/index/107195/

香港における創作表現を取り巻く現状   ―著作権問題と審査制度などから― 日時:  平成25年8月13日(火)10:30~12:00 場所:  文京シビックセンター26階・スカイホール 講師:  張彧...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク