【DAD はアジャイル開発の決定打となるのか?】

~ ウォーターフォール、反復型、アジャイル開発の行方 ~

今回の豆ナイトは、豆蔵トレーニングルーム移転記念の第一弾!

アジャイル開発があらためて注目されてきている今日この頃ですが、実際の開発現場における適用場面などではやはり迷走するプロジェクトも少なくないのが現状です。

  • スクラムでやってるつもりなんだけど、どうもあんまり。。。
  • いわゆる「スパイラル」や「反復型」とは何が違うのか。。。
  • 従来のウォーターフォールでも別にいいんじゃ。。。

そうした中、先日 DAD(Disciplined Agile Delivery) の和訳本が国内でも発売され、アジャイル開発を特に企業内プロジェクトに適用する際に、一つの光が見えてきたっ!という声も聞こえて来ているそうです。

今回の豆ナイトでは、DADの翻訳者(多数?)を始めとして反復開発に関しては一家言を持つ人達とともに、本当の反復型開発とは何か?結局アジャイルとは何なのか?といったようなこれまでのモヤモヤ感を、皆さまも直接ぶつけあってみませんか?

果たしてそれでスッキリするのか、もしくはさらに湿度も高くもっとモヤモヤするのか、暑かった今年の夏の日の一つの良い(?)思い出として頂ければ幸いです。

皆さまのご参加をお待ちしております。

(豆蔵トレーニングルームは、場所が移動しました。ご来場の際はご注意ください。)

アジェンダ

  1. はじめに:ごあいさつ

     豆蔵

  2. 「あしたの反復のために、その1 ~ タイムボクシングのおさらい ~」

     津田義史(Microsoft IPX Team)

    • 概要:  タイムボックスとは、アジャイルなソフトウェア開発を構成するための基本的な考え方です。ここでは、タイムボックスを運用する手順を復習し、DADを導入するための端緒を開きます。
  3. 「DAD のエッセンス」

     中佐藤麻記子(豆蔵 Agile Hermes), 他

    • 概要:  6月21日に発売されたDADの和訳本は、見た目はゴツいですが、中身はやさしい(はず、多分)です。企業システムにおいて「使える」アジャイルをめざしている、DADのエッセンスをお伝えします。
  4. パネルディスカッション:「アジャイル開発の行方」

    • モデレータ:羽生田栄一(豆蔵)
    • パネリスト:スピーカー、及び有志

(敬称略。内容は変更される場合があります。ご了承ください)



スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年09月30日(19:00 - 21:00)
開催場所株式会社 豆蔵 トレーニングルーム(トレーニングルームは、場所が移動しました)
(東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル15階)
参加費無料
定員40人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2013年09月30日

豆ナイト Presents 「DAD はアジャイル開発の決定打となるのか?」

東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル15階

http://kokucheese.com/event/index/109869/

## 【DAD はアジャイル開発の決定打となるのか?】 ### ~ ウォーターフォール、反復型、アジャイル開発の行方 ~ 今回の豆ナイトは、豆蔵トレーニングルーム移転記念の第一弾! アジャイル開発があ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク