長年続いた内戦の影響が今なお残るスーダン。
特に母子保健についてはまだまだ厳しい状況が続いています。

そんな中、保健医療施設のない村で自宅出産を介助し、妊産婦や新生児のケアを担っているのが村落助産師です。HANDSは2008年から、主にスーダンの村落助産師の育成に取り組んでいます。

セミナーでは、スーダンの人びとと共にHANDSが取り組む、
命を守る人づくり・しくみづくりについて、詳しくご報告します。

また、スーダンにとどまらない世界の母子保健状況についても、
HANDS代表理事の中村安秀がお話しいたします。

セミナー終了後は、他地域(ケニアなど)での活動報告も含めた会員総会とスタッフとじっくり話せる交流会を予定しております。

会員ではない一般の方や、国際協力に関心がある社会人・学生など、
どなたでもお気軽にご参加ください♪


【日時】2013年9月23日(月・祝)14:00~17:00

【スケジュール】
 14:00 第一部:セミナー「途上国の安全な出産」
 15:40 第二部:2013年度 HANDS会員総会
 16:35 - 17:00 参加者&スタッフの交流会 (自由参加)

【登壇者】
 ・中村 安秀(HANDS代表理事 / 大阪大学大学院 教授)
   1997年東京大学医学部卒業。小児科医。JICA専門家や
   UNHCRなどにおいてグローバルな保健医療活動に取り組む。
   HANDS代表理事。現スーダンプロジェクトのチームリーダー。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年09月23日(14:00-17:00)
開催場所HANDS会議スペース
(東京都文京区本郷3-19-4 大関ビル2F)
参加費無料
定員30人(先着順)
申し込み終了2013年09月23日 12時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2013年09月23日

セミナー:途上国の安全な出産-誰が命を守るのか

東京都文京区本郷3-19-4 大関ビル2F

http://kokucheese.com/event/index/110606/

長年続いた内戦の影響が今なお残るスーダン。 特に母子保健についてはまだまだ厳しい状況が続いています。 そんな中、保健医療施設のない村で自宅出産を介助し、妊産婦や新生児のケアを担っているのが村落助産師で...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク