よく生きるカフェは、榎本英剛によるストーリーテリングをきっかけとして、参加者がそれぞれ「よく生きるとはどういうことか」についての考えを深めていただく対話型のイベントです。次回はいよいよ最終章。イギリスから帰国してトランジション・タウンおよびチェンジ・ザ・ドリームという2つの市民運動を日本で立ち上げ、その後急遽CTIジャパンの経営に電撃的に復帰することになるも、使命を果たし終えたと感じた昨年6月に再び身を引き、原点に立ち返って「よく生きる研究所」を立ち上げるまでの物語を取り上げます。

チェンジ・ザ・ドリームの活動の一環でアマゾンの熱帯雨林に住むアチュア族という先住民を訪ねた際、伝統の儀式に参加する機会がありました。その儀式とは、ある植物からできた「聖なる飲みもの」飲むことで、自分に必要なビジョンを見るというものでした。その儀式に参加した結果、ついその数週間前までは思いもしなかったような決断をすることに。さて、そこで決断したこととは・・・

なお、このイベントで紹介する話は、よく生きる研究所オフィシャルサイト(www.yokuikiru.jp)のメインコンテンツである「ライフ・ジャーニー」でも取り上げていますが、そこに書き切れなかったエピソードやメッセージも紹介する予定です。「よく生きる」というテーマに関心がある方なら、どなたでも大歓迎ですので、ぜひご参加ください!


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年10月11日(18:15開場 18:30~20:30)
開催場所東京目黒・アサンテサーナカフェ
(東京都目黒区三田2-7-10-102)
参加費3,000円(税込)
定員25人(先着順)
主催

イベント概要

2013年10月11日

よく生きるカフェ

東京都目黒区三田2-7-10-102

http://kokucheese.com/event/index/114463/

よく生きるカフェは、榎本英剛によるストーリーテリングをきっかけとして、参加者がそれぞれ「よく生きるとはどういうことか」についての考えを深めていただく対話型のイベントです。次回はいよいよ最終章。イギリス...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク