--☆--------------------------------------------------------------------
Rural Learning Network第11回セミナー×第36回元町カフェ
×ふるさと丹波市定住促進会議
「"最先端"をめざす若者たち:なぜ田舎で動き出すのか」
--------------------------------------------------------------------☆--
【日 時】 2013年10月23日(水) 19:00-21:30(18:30受付開始)
【場 所】 兵庫県民会館303(兵庫県庁前・神戸元町)
  http://www.hyogo-arts.or.jp/arts/kenminmap.htm

【ゲスト】
 井口元さん(起業支援型シェアハウス「みんなの家」)
 藤本傑士さん(エコタウン地域づくり集団「大路未来会議」 ex.麺道しゅはり)
 湯山加奈子さん(地域づくり会社「株式会社ご近所」)

【コーディネーター】
 小橋昭彦さん(NPO法人情報社会生活研究所)

【コメンテーター】
 中塚雅也さん(神戸大学農学部)
 高嶋正晴さん(立命館大学産業社会学部)

 田舎をめざしてIターンする若者たちは、みなさんの目にはどう映っていますか?しかも、そんな若者たちが田舎で「地域づくり」を牽引しようとしています。従来、地域づくりや自治活動は地域のベテランが担ってきました。いまも熱心に活動されているなか「若者が少なくて」という悩みの声も少なくありません。その一方で新しいアイディアや動きが「田舎」でみられるようになっています。

 今回は地域で、それも田舎・農村へIターンして起業×地域づくりにチャレンジするゲストを多数お迎えします。
 「なぜいま田舎に移住したのか」「なぜ都会ではできなかった/やらなかったのか」などを伺いながら、田舎という"最先端"の事情やソーシャルビジネスの視点でチャレンジする魅力などについて考えたいと思います。

・「そもそも田舎での生活ってどんな感じなの?」という素朴な想いをお持ちの方
・転職を考えている/迷っている方
・UIターンや起業を考えている方
・それらを支援をしたいと思っている方
・自身の将来を考えている学生
・シェアハウスやソーシャルビジネス、新しい地域づくりに関心のある方
・なにか新しいきっかけが欲しいと思っている方

などなど、さまざまな方のご参加を楽しみにしております!

◇ゲスト紹介◇
・井口元さん(起業支援型シェアハウス「みんなの家」)
 丹波市山南町に前川進介氏をオーナとして今年オープンした「みんなの家」。管理人の井口元氏を含め、半年あまりでさっそく5人の若い移住者を呼び込んでいる話題シェアハウスである。地元経営者塾と連携し、ゲストによる特別講義を開催するなど、入居者の起業を支援するところに特徴がある。

・藤本傑士さん(エコタウン地域づくり集団「大路未来会議」 ex.麺道しゅはり)
 神戸の人気ラーメン店「麺道 しゅはり」ののれんを譲り、丹波市春日町に移住して自然栽培よる農家レストラン「三心五観」をオープン。「大路未来会議」という地域づくり集団を結成。地域内外から100人を越える親子が参加する「あそびの学校」や、ツリーハウス作り通して森を再生する「プロジェクト樹庵」など、将来的なエコタ ウンづくりを目指して着実に歩み進めている。

・湯山加奈子さん(地域づくり会社「株式会社ご近所」)
 平成24年7月に丹波市内の市民約70名が共同出資して立ち上げた「地域づくり会社」。 当初目指していたコミュニティFMの設立と運営をNPOに切り分け、2期目からは地域活性化に絞って事業を展開。東京や大阪から一線で活躍する若者が移住し、「地域発・のための世界企業」を目指して、挑戦を始めている。

◇当日スケジュール◇
19:00 趣旨説明
19:05 パネルディスカッション
      *ゲスト紹介&レクチャー
19:50 質疑応答
20:05 グループ対話&全体対話
21:15 ふりかえりコメント
21:25 ネットワーキング・PRタイム
21:30 終了

【会 費】 1000円(軽食・ドリンク付)
軽食は、ゲストの藤本さんの農家レストラン「三心五観」&「おっこ食堂」のプロデュース!丹波野菜を使ったヘルシー&ナチュラルなオードブルです。
ドリンクは、無農薬番茶で有名な丹波・徳寿園のお茶を直送で!こちらもお楽しみに!

【持ち物】
 胸名札(普段お使いのものがあれば。なければ結構です)
 名刺や自己紹介になるもの

■□■□■□■□■□■□■
「Rural Learning Network」(ルーラン)の趣旨
ルーランは農村地域の学習ネットワークです。 わたしたちは地域の根本的な資源である「人」と「知」に焦点をあて、セクター(立場)や専門を超えた人々が、相互に学び、つながる、農村地域の学習プラットフォーム(Rural Learning Network)の構築をめざしています。 セミナーは「聞く→聞く→聞く→帰る」という従来型から「聞く→考える→対話する→気づく」という新しいスタイルでの運営をこころがけています。 参加者一人ひとりがワタクシゴトとして課題解決に踏み出せる、きっかけづくりの場となることをめざしています。 ちょっと建前が大仰ですが「テーマはまじめに、雰囲気はゆるく」をモットーにやっておりますので、お気軽にのぞいてみてくださいね。
事務局は神戸大学篠山フィールドステーションにおき、NPO・行政・民間・大学等有識者からなる編集委員(ステアリンググループ)のもと様々な企画を行っています。 www.rurallearning.net
■□■□■□■□■□■□■

-☆---------------------☆--
「元町カフェ」の趣旨
私たちは、より楽しく充実した県庁ライフ(仕事に限らず、+@も含めて)を送りたいという願いを持った、入庁10年を迎える“若手”職員です。 その願いをかなえるために、この度、平日の夜に集まって 、庁内外からゲストスピーカーを招いて話しを聴いたり意見交換を行う 「○○さんと語る元町カフェ」を立ち上げました。 県庁に限らずどなたでもご参加いただけるオープンな会として、 月1回程度、定期的に開催していきたいと思っています。お気軽にご参加ください。
例えば、こんな方にぜひ!
・庁内外の異なる分野・職種・業種・年齢の方とおしゃべりして視野を広げたい
・より楽しく、”いい仕事(地域活動等も含めて)”をするためのヒントを得たい
・新たなネットワークをひろげたい
-☆---------------------☆--

=============================
●「ふるさと丹波定住促進会議」・「丹波ひと大学」の趣旨 ●
=============================
「ふるさと丹波市定住促進会議」は、民間委員を中心にして、丹波市が事務局となって、定住者を増やすべく取り組んでいる団体です。その会議がバックアップして、民間有志の実行委員会が、この秋三宮の「KIITO」を舞台に始めるのが「丹波ひと大学」。若者をひきつける丹波の「人」の魅力を探りつつ、互いに語り合う学びと刺激の場です。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年10月23日(18:30~21:30)
開催場所兵庫県民会館303
(神戸市中央区下山手通4-16-3 )
参加費1,000円(税込)
定員75人(先着順)
申し込み開始2013年09月27日 00時00分から
申し込み終了2013年10月22日 23時59分まで
主催

イベント概要

2013年10月23日

"最先端"をめざす若者たち:なぜ田舎で動き出すのか

神戸市中央区下山手通4-16-3

http://kokucheese.com/event/index/117720/

--☆-------------------------------------------------------------------- Rural Learning Network第11回セミ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク