温泉や自然を味わいながら、体も心がシンプルになっていく旅、
それが「女神湯禅」です。

2泊3日の旅の中で存分に自分を解放させ、本来の自分が持つ
“女神性”を呼び覚ましてみませんか?

その舞台は、東北宮城県鳴子温泉郷・東鳴子温泉。
9種の泉質が湧き出る日本屈指の名湯と東北の自然を存分に
味わえます。お湯と自然に抱かれながら、しだいに心と身体が
解放され、全体性を取り戻していくのを感じることでしょう。

<湯禅とは>

  1日目: お湯と出会う
  2日目: 自然と出会う
  3日目: 自分と出会う

・百年の歴史を持つ湯治宿の五代目湯守のガイドのもと
 多様な泉質をもつ湯を3日間かけて味わいつくします。
・東北の大自然の中で一人の時間を過ごす
・自然に囲まれた静かな離れで、座禅をしながら心を落ち着かせる

<こんな人におすすめ>

・大地、木、風、太陽と離れていると感じている人
・「最近うるおいが足りないな」と思っている人
・一人の時間、スペースが欲しい人
・ただただゆっくりしたい人
・“自分のペース”を取り戻したい人

<湯禅に期待できること>

・いろいろなものをそぎ落としてシンプルになる、自分に素直になる
・水、火、地のエネルギーとつながり、グランディングする
・自然や周りとつながり、かつほどよい距離感が持てるようになる
・心も体もあったかくなる
・体が喜ぶ地元のおいしいものが食べられる

<概要>

●旅程
2014年11月2日(日)~4日(火)
※2日(日)12:00 鳴子御殿湯駅改札 集合
※4日(火)15:30 鳴子御殿湯駅改札 解散

●宿泊先
百年の歴史を持つ湯治宿

●費用
8万円  ※現地までの交通費、初日の昼食は各自負担

●定員
6名

●申込 ※下記内の申込フォームよりお申込みください。
http://kokucheese.com/event/index/120049/

●主催
“女神”ガイド  中西実和、 生田早智江

<ガイド紹介>

●中西実和
東京都中野区生まれ、生粋の東京っ子として育つ。
幼い頃から、道ばたの小さな自然と共に過ごすことが喜び。

大学卒業後、大手通信企業にて、SE、法人営業、商品企画、
人材育成、研修講師に従事。結婚後、仕事・出産・子育てに
全力で取り組み、企業の中で人が幸せに健やかに働くことに
願いを持つ。

在職中に、鳴子のお湯に出会い、鳴子の自然の中でインスピ
レーションを得て、水、土、火のエネルギーに触れて、女性の
神性とつながることが、生命の健やかさを取り戻すことになる、
と「女神湯禅」を始める。鳴子での出会いをきっかけに2013年
独立。

「自分の欲しい世界は自分から創れる」をモットーに、
「コーアクティブコーチング」や「女神湯禅」「森のリトリート」、
各種ワークショップを通して、人が本来持っている光の輝きを
解き放ち、幸せの波紋が広がることを願って活動をしている。


●生田早智江
One & Only 代表 http://www.oneandonly-japan.com/

愛知県生まれ。田んぼや野原に囲まれた場所で自然大好きな
活発な子として育つ。中学・高校は父の転勤でハワイへ。
ハワイの海と太陽と大自然のもと、さらに伸び伸びと過ごす。

そして5年後、帰国。大学卒業後は、日本企業に就職。それまで
ののんびりとした世界から一転して、昼夜を問わず働く“戦士”として
3社を経た後、2010年に独立。

現在は、「自分軸」をテーマに活動中。「働く≒生きること」。
その「働く」を充実させるためにも、ときには立ち止まって自分と
向き合う時間が必要である、という想いのもと、数々の活動に
携わっている。

特に「森のリトリート」「ハワイアン・リトリート」「女神湯禅」など
自然のエネルギーの中に身を置くことで、心身の本来のバランス
を取り戻す時間や、自分を癒すためのゆったりと時間、そして
真の自分と向き合うための時間を提供する活動をライフワーク
としている。

以上


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年11月02日(~04日)
※「女神湯禅」は2泊3日のプログラムです。
開催場所東鳴子温泉
(宮城県大崎市鳴子温泉)
参加費80,000円(税込)
定員6人(先着順)
申し込み開始2014年07月29日 00時00分から
申し込み終了2014年11月02日 00時00分まで
主催

イベント概要

2014年11月02日

女神湯禅 ~あなたの中の女神を呼び覚ます~

宮城県大崎市鳴子温泉

http://kokucheese.com/event/index/120049/

温泉や自然を味わいながら、体も心がシンプルになっていく旅、 それが「女神湯禅」です。 2泊3日の旅の中で存分に自分を解放させ、本来の自分が持つ “女神性”を呼び覚ましてみませんか? その舞台は、東北宮...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク