ソフトウェア開発は、
 まだまだ、変えられる。
 自分たちの手で。


◆Change The Future 〜 Inspiring Changer 〜◆
開発の現場のチームや組織をもっといきいきとしたものしたい。
価値があると感じられるソフトウェア・サービスを創っていく。
辿り着きたい場所を、月に例えるならば、
何をなすべきかは分かっている。
だが、身に強い重力を感じている。
あなたが感じるその課題感を、ここで、共有しよう。
あなたの現場が持っている課題は、既に他の現場で
乗り越えていることかもしれない。
あなたが持っている課題は、とても困難なことかもしれない。
よろしい。
ソフトウェア開発の持っている複雑さに、YouやHeではなく、
Weで立ち向かおう。


今回のDevLOVEは、以下のテーマを扱います。
「現場のチームや組織がよりいきいきとするためには。」
「価値があると感じられるソフトウェアを創っていくためには。」

あるいは、
「チームや開発のAgileを高めていくためには。」

いずれかの観点(いずれかに近い観点で結構です)で、
課題感をお持ちの方に集まって頂き、参加者全員で
問題解決を図る、
アクションプランを立てる、場を開催します。


具体的な課題はもちろんどういったことでも構いません。
「初歩的なものかもしれない…」
「いまさらかもしれない…」
高尚な課題である必要はありません。
「チームにAgileのプラクティスを導入したいがつまずいている」
といったことでも構いません。
あなたにとって課題であるならば、どういうことでも構わないのです。

◆進め方 〜 アクションラーニング 〜◆
今回の場の進め方に、
「アクションラーニング」を用いる予定です。

アクションラーニングとは、質問会議という名前で
行われることもある、場のデザイン手法の1つです。
参加にあたって、アクションラーニング自体の知識は特に不要です。
アクションラーニングでは、問題課題を提示する方を1人決めます。
提示された課題について、他の参加者から「質問のみ」を行い、
課題の深掘りを行っていきます。
問題提示者と質問者で、1つの「チーム」です。
真の課題を発見する過程において、問題提示者だけでなく、
議論に参加している方々にも、きっと気づきが得られるはずです。

◯アクションラーニングの流れ
 問題提示者からの課題の説明
     ↓
 参加者からの質問(課題の深堀)
     ↓
  真の課題の設定
     ↓
 課題解決のアクションプランニング


当日、アクションラーニングの進め方について説明します。

※参考※
アクションラーニングとは何か
この会議がすごい! 質問会議

◆参加について◆
応募が多数になった場合は、抽選と致します。
エントリされた方に、6月12日中にご連絡するように致します。
時間の都合から、すべての課題を扱うことはできません。
おそらく2つ程が扱える課題の数となる見込みです。

企画名の「Inspiring Changer」には、変革を起こす人
ただ、変えるのではなく、人を奮い立たせるような(Inspiring)
変革者であろう、という思いを込めています。
ご参加お待ちしております。


※申込時のお名前、twitter-id,メッセージは本サイト上部の
「申込みリスト」に表示されます。 公開しても良い内容で登録をお願いします

※内容は変更の場合があります。

※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

問い合わせ、ご連絡は、こちらまでどうぞ。
developlove@gmail.com


Produced by DevLOVE!


スポンサード リンク

開催概要

日時 2011年06月13日(19時30分開始(21時30分終了))
開催場所クラスメソッド 共同飯田橋ビル7F
(東京都新宿区下宮比町2-26)
参加費無料
定員10人(抽選)
申し込み開始2011年06月04日 00時00分から
申し込み終了2011年06月11日 12時00分まで
主催

イベント概要

2011年06月13日

Change The Future 「Inspiring Changer」

東京都新宿区下宮比町2-26

http://kokucheese.com/event/index/12409/

 ソフトウェア開発は、 まだまだ、変えられる。 自分たちの手で。 ◆Change The Future 〜 Inspiring Changer 〜◆ 開発の現場のチームや組織をもっといきいきとしたも...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク