前回の「おむすびワークショップ」でおいしいおむすびが結べるようになったら、今度は「お米」のこと、「おいしいごはん」を炊く方法についてもっと知りたくなりました。
今回はあえて電気炊飯器ではなく、どこの家庭にもあるようないろんなお鍋を使って、みなさんで一緒にごはんを炊いてみます。お米を炊いている間には、岩手の82歳のお米農家さんを取材しているお米専門記者が、米作りの1年について語る、ミニレクチャーもあります。
ごはんが炊けたら、お鍋ごとに味比べしつつ、おむすびを結んで試食タイム。
ごはんとおはなしでおなかいっぱいのワークショップです!

※前回のワークショップの様子はこちら http://moricafe.hahameshi.co.jp/blog/2013/10/07/archives/1178

◇開催日時
2013年11月10日(日) 16:00-18:00(受付15:45)

◇開催場所
やまもりカフェ (JR南武線「谷保駅」北口より徒歩5分)

◇参加費
2500円(中高生1500円)
講義+おむすびセット(お味噌汁、1菜、漬物付)

◇定員
20名(中学生以上)

◇持ち物
①エプロン
②三角巾
③タオル

◇ワークショップ内容

◉まずは鍋でごはんを炊きます
土鍋、文化鍋、雪平鍋、ルクルーゼ、ステンレス鍋、テフロン鍋など、家庭によくあるいとんなお鍋を使って、カセットコンロでごはんを炊きます。

◉ミニレクチャー「おこめのはなし」
お米が炊けるまでの間は、稲作農家の取材をしている専門記者伊藤さんから「米作りの一年」についてお聞きします。

◉おむすびタイム
ごはんが炊けたら、鍋ごとに味比べ。前回のワークショップで習った「おいしいおむすびの結び方」でみなさんでおむすびを結び、やまもりカフェのお味噌汁、たまご焼き、お漬け物と共にいただきます。
(お米はやまもりカフェ特選の新米あきたこまち、塩は沖縄のぬちまーすを使います)

主催:母めし研究所
母めしとは、㈱やまもりが提唱する日本の伝統的な家庭料理のこと。母めしにはすてきな魅力がたくさん詰まっています。母めし研究所は、この母めしをテーマとして、こころとからだ、自然と自分、作る人と食べる人、過去と未来をつなぐ≪母めしの力≫を研究します。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2013年11月10日(16:00-18:00(受付15:45))
開催場所やまもりカフェ (JR南武線「谷保駅」北口より徒歩5分)
(東京都国立市谷保5119)
参加費2,500円(税込)
定員20人(先着順)
申し込み開始2013年10月29日 09時00分から
申し込み終了2013年11月10日 00時00分まで
主催

イベント概要

2013年11月10日

母めし研究所ワークショップ vol.3「お米とごはん」

東京都国立市谷保5119

http://kokucheese.com/event/index/124492/

前回の「おむすびワークショップ」でおいしいおむすびが結べるようになったら、今度は「お米」のこと、「おいしいごはん」を炊く方法についてもっと知りたくなりました。 今回はあえて電気炊飯器ではなく、どこの家...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク