完売しました!
  多数のご注文、お問い合わせありがとうございました。
  次回演奏会開催時の通知、案内を希望される方等は「お問い合わせ」フォームからお問い合わせください!


東京大学に在籍しながらリサイタル、オーケストラとの共演等、精力的に演奏活動を展開する若きチェロの異才、神谷 勝と、東京外国語大学在学中にデビューCDがレコード芸術特選盤となり、現在は指揮者、音楽ライターとしても活躍する新進ピアニスト、内藤 晃による「チェロとピアノの夕べ」を開催いたします。チェロで演奏されるのが極めて珍しいドビュッシーの「小組曲」、教会に響くバッハ、また日本ではなかなか取り上げられることのないヤナーチェクの小品と、そして歌心に溢れたブラームスのソナタをお楽しみください。収益の一部は、東日本大震災義援金として日本赤十字社に寄付いたします。


J.S.バッハ:ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ第2番 ニ長調 BWV1028
L.ヤナーチェク:おとぎ話
J.ブラームス:チェロ・ソナタ ニ長調 Op.78「雨の歌」
 (ヴァイオリン・ソナタ第1番の作曲者自身によるチェロ版)
その他


神谷 勝(かみたに まさる、チェロ)
京都生まれ。4歳からピアノを、12歳からチェロを始め、様々なオーケストラ等に精力的に参加。次第にその実力が評価され、室内楽を中心に本格的な演奏活動を開始、多数のプロ奏者と共演する。日本ユンゲオーケストラ、Zion Chamber Orchestra等で主席チェロ奏者を歴任。2009年、津田泰孝指揮 Ensamble Buono!とボッケリーニのチェロ協奏曲を共演。2010年、ブラームスのクラリネット三重奏曲を聴いた世界的クラリネット奏者R.ストルツマン氏から”A wonderful cellist!”と絶賛される。現在東京大学医学部医学科5年在学中。チェリストとしても、都内を中心に幅広く演奏活動を展開している。これまでに森田健二、林峰男の各氏らに師事。

内藤 晃(ないとう あきら、ピアノ)
東京外国語大学(専攻:ドイツ語)卒業。桐朋学園大学指揮教室でも学ぶ。チャリティー、施設慰問等の演奏活動に意欲的に取り組み、2006年度、(財)ソロプチミスト日本財団より社会ボランティア賞を受賞。2008年3月、CD「Primavera」でデビュー、「レコード芸術」誌上にて特選盤に選出され、「作品の内面と一体化した純粋な表現は聴き手を惹きつけてやまない」(那須田務氏)などと高く評価される。以後、ピアノ、指揮、執筆の各分野で活躍。全国の楽器店で展開する分かりやすいピアノ弾き比べレクチャーでも親しまれている。校訂楽譜に「ヤナーチェク:ピアノ作品集ⅠⅡ」(ヤマハミュージックメディア)等、監訳書に近刊のC.ローゼン著「ベートーヴェンのピアノソナタ」(道出版)がある。これまでにピアノを城田英子、広瀬宣行、川上昌裕、V.トイフルマイヤーの各氏らに、指揮を紙谷一衛氏に師事。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2011年07月30日(18:30開場 19:00開演)
開催場所根津教会
(東京都文京区根津1-19-6)
参加費2,000円(税込)
定員150人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2011年07月30日

「雨の歌」チェロとピアノの夕べ/神谷 勝 & 内藤 晃

東京都文京区根津1-19-6

http://kokucheese.com/event/index/12705/

  完売しました!   多数のご注文、お問い合わせありがとうございました。   次回演奏会開催時の通知、案内を希望される方等は「お問い合わせ」フォームからお問い合わせください! 東京大学に在籍しながら...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク