甲田烈さん『妖怪から学ぶ世界の不思議』

みなさんは「妖怪」と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか。
TVやマンガ・ゲームの世界で活躍する奇妙な姿をしているキャラクターや、
薄気味悪い、おどろおどろしい存在をイメーシするかもしれません。
けれども、そのもともとの意味は「常識とは異なる不思議な現象」のことです。
それは文脈によって「怪異」とも「もののけ」とも呼ばれてきました。

私たちの祖先は、モノ(物)を単なる”物質”だとは考えていませんでした。
モノは物質であると同時にタマ(霊)であり、時に不思議な作用をおよぼすものと考えていたのです。

そしてこのタマとモノはちょうど裏側から重なるようにして存在していると考えてきたのです。
現代の私たちは、つい自分の姿を想像するとき、他人の側から見られた、
ちょうど鏡に映った自分の姿を「自分」と思っています。
それは物質としてのモノの世界です。
けれどよく考えてみてください。
果たして「自分」はそういう姿をしているでしょうか。

他人側から見られた自分のまなざしを、自分側からのまなざしへと取り戻したときに、
奥深いモノとタマの世界が見えてきます。
それはとてつもなくあたりまえだけれど、不思議な世界。「妖怪」たちと戯れていると、
いつのまにかそんな扉が開かれます。

この講座は、問題解決に役立つものではありません。
かといって、単なるお勉強の教養講座でもありません。
哲学的な思考法を道案内に、民間伝承に伝わる「妖怪」の物語や、
現代にも息づく縄文以来の世界観を繙きながら、
参加者一人ひとりに自分や世界について
より深く強く考えるきっかけを得ていただくことを目的にしています。

その思考の種を持ち帰り、育てるも捨てるもみなさん次第。
不思議に驚き、理性も感性も捨てずに「考える」こと、
そんな小さないとなみを応援するための講座です。

***このセミナーはこんな方におすすめです****

・怖い話・不思議な話が大好きで、もっと深く背景を知りたい人。
・心理学や哲学を学んでいて、もっと深めたい人
・自分で答えを出したい人
・日常生活の中で考えていく手がかりがほしい人
・自分と他人の関係性や縁と言った事に関心のある人。

この講座では一方的な座学ではなく、
実践的なワークや参加者との対話も交えながらすすめていきたいと思います。
ご興味のある方は、どうぞご参加ください。
お待ちしています。

******

【甲田烈プロフィール】
東洋大学を卒業後,同大学大学院で仏教学を専攻。東洋大学東洋学研究所研究員をへて,現相模女子大学非常勤講師。河合文化教育研究所研究員。
また,ふんばろう東日本支援プロジェクトにかかわり,2011-2013年まで「いのちの健康」プロジェクトを担当。
研究領域は比較哲学を中心として,近年では構造構成学を中心としたメタ理論研究や妖怪学に取り組む。
所属学会は比較思想学会,日本仏教心理学会など。関連論文多数。
著書は『手にとるように哲学がわかる本』(かんき出版),近著に『妖怪を知るためのレッスン』(2014年刊行予定)、共著に『インテグラル理論入門Ⅰ・Ⅱ』(春秋社)がある。
ブログ: 事場師の風景
http://fieldificator.seesaa.net/

****開催概要****

講師:甲田烈
参加費:3500円
定員:12名
場所:JR武蔵浦和駅より徒歩にてすぐ(お申し込みがあった方に詳細をお知らせします)
日時:6月1日 13:30-16:30


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年06月01日(13:30-16:30 状況により多少前後する場合もございます)
開催場所JR武蔵浦和駅より徒歩にてすぐ
参加費3,500円(税込)
定員12人(先着順)
申し込み開始2013年11月14日 17時30分から
申し込み終了2014年06月01日 03時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2014年06月01日

甲田烈さん 妖怪から学ぶ世界の不思議

http://kokucheese.com/event/index/131699/

甲田烈さん『妖怪から学ぶ世界の不思議』 みなさんは「妖怪」と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか。 TVやマンガ・ゲームの世界で活躍する奇妙な姿をしているキャラクターや、 薄気味悪い、おどろおどろし...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク