【概要】

近年のソフトウェア開発においてSCM※1の重要性が増していますが、SCMで重要になってくる「DVCS※2の概念・思想・パターン」を学習する機会はなかなかありません。
今後のソフトウェア開発に活かせるよう、講演と演習を通して「DVCSの概念・思想・パターン」を学んでもらいたいと思います。
プログラミング言語に依存しない演習にし、プログラマーに限らず、デザイナーや管理者などVCSの使用経験がある方であれば気軽に参加できます。

演習例)テキストベースのレポートをチームで作成など

※1 SCMとは?

Software Configuration Management(ソフトウェア構成管理)の略です。
ソフトウェア開発プロジェクトの成果物を管理する方法論です。

※2 DVCSとは?

Distributed Version Control System(分散バージョン管理システム)の略です。
Git, Mercurial, Bazaarなどのアプリケーションが該当します。
今回のイベントで参加者の皆様に実際に操作してもらうアプリケーションです。

【スケジュール】

09:00〜 準備開始

09:30〜10:00 受付

--第一部[講演]--

10:00〜10:15 開会および諸説明

10:15~11:15 講演 (@bleis)

11:15~11:30 休憩

11:30~11:45 LT no.1

11:45~12:00 LT no.2

12:00~13:00 ランチ、ランチLT

13:00~13:30 アイスブレイク、環境構築

13:30~14:00 デモ

--第二部[演習]--

14:00~15:00 演習

15:00~15:30 レビュー+休憩

15:30~16:30 演習

16:30~17:00 レビュー+休憩

17:00~18:00 演習

18:00~18:30 レビュー、総括

--懇親会--

19:00~21:00 会場にてビアバッシュ

21:00~21:30 後片付け

【テクニカルサポーター】

Git : @bleis, @sinsoku_listy, @tosikawa
Mercutial : @kuy, @troter
Bazaar : @wonderful_panda, @methane

【サポート団体】

DevLOVE
Shibuya.trac

【参加対象者】

なんらかのVCS使用経験がある。無線LANにつなげられるノートパソコンを持参できる。

【参加費用】

ランチ代1500円。
当選した方に当選の旨と振り込み先を記載したメールを送りますので確認のとれるメールアドレスで登録をお願いします。

【募集形式】

申し込み時に希望DVCSを第二希望まで選択していただきます。先着順に割り振られます。

定員枠

  Git : 11
  Mercurial : 14
  Bazaar : 6

【注意事項】

・ランチは会場でお弁当をとる形式になります。運営サイドでお弁当、飲み物を用意しますので当選後、ご入金が必須となります。
・午後からワークショップ形式になるのでノートPCの持参が必要になります。
・会場では無線LANを用意します。
・電源アダブタの形状によってはアダプタ同士が干渉してタップを複数人で使えなく可能性があるので、大きめの電源アダプタの方は延長コードやタップを持参してもらえると助かります。

【懇親会】

・同会場にて立食でビアバッシュをする予定です。会費は2000円で当日受付時に徴収いたします。
・ソフトドリンク等も用意いたします。

【公式ハッシュタグ】

・#scmbc

【Ustream】

・放送予定(Ustream配信スタッフ募集中。サポートできる方は[お問い合わせ]もしくは@kyon_mmまでご連絡お願いします。)

【コミュニティサイト】

SCMBootCamp


スポンサード リンク

開催概要

日時 2011年07月30日(10:00 - 18:30)
開催場所オラクル青山センター
(東京都港区北青山2丁目5−8 青山OMスクエア)
参加費1,500円(税込)
定員31人(先着順)
申し込み終了2011年07月30日 00時00分まで
懇親会 19:00-21:00
懇親会場所オラクル青山センター
懇親会費2,000円(税込)
懇親会定員31人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2011年07月30日

SCM Boot Camp in Tokyo(2次応募)

東京都港区北青山2丁目5−8 青山OMスクエア

http://kokucheese.com/event/index/14062/

【概要】 近年のソフトウェア開発においてSCM※1の重要性が増していますが、SCMで重要になってくる「DVCS※2の概念・思想・パターン」を学習する機会はなかなかありません。 今後のソフトウェア開発に...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク