さをん屋_com.jpg

頭の中はスッキリしていますか?

何かモヤモヤすることがあったら、とにかく紙とペンを使って、気に掛かることを書き出してみる。

徹底的に書き出してみる。

モヤモヤが取り払われるまで書き出す。

これは心理学でも「有効な方法」とされ、実用書などでもしばしば紹介される方法です。

アメリカの仕事術として有名な「GTD(Getting Things Done)」の最初のステップもまさに「気になることを書き出す」作業なのです。

しかし意外なくらいこのステップで挫折してしまう人も多いようです。

理由としては

・どこまで書いたらいいかわからない

・書き出す時間がとれない(時間がかかる)

・いざとなると書き出すことを思いつかなくなる

といったあたりがよくあげられます。

そこで今回私、佐々木正悟が、やまもとさをんさんと一緒に、

マインドマップを活用した「気になること」の洗い出しとその後のタスク整理まで

というセミナーを開催することにいたしました。

やまもとさをんさんはイラストレーターとしてご活躍中の方です。イラストとは別に、マインドマップをさらっと描き、活用するスキルをお持ちです。

佐々木はどちらかと言えばそうしたイラストに類することが苦手ですが、箇条書きになったタスクリストをどうすれば気持ちよく扱えるかについて、日々考え抜いています。

今回のセミナーにご参加いただくことで

「日頃忙しく働いているのに仕事が残っているようでスッキリしない」

「やりたいことはたくさんあるのにいつ・どれから手をつければいいのかわからない」

「忙しさと焦りでモヤモヤする」

などのモヤモヤを振り払っていただくことができると思います。

今回のセミナーの目的

・マインドマップを描いてタスクを洗い出せるようになる

・タスクを効率的に、短時間で洗い出せるようになる

・洗いだした後のタスクを実行するためのタスク管理の概要を知る

※マインドマップを手段として使うことが目的になります。マインドマップそのものを学ぶ講座ではありません。

ワーク予定

・カンタンなマインドマップの描き方を知る

・身近なタスクをマインドマップで洗い出す

・広い範囲に存在するタスクを、マインドマップで洗い出す

やるべきこと・やりたいことを洗い出すということ自体は、そう難しいことではありません。

ただ、記憶には記憶の法則ともいうべきものがあって、マインドマップなどの手法は思い出したいことを好きなときに芋づる式に思い起こす上で、便利です。

タスクの洗い出しというのは、結局のところ連想して記憶を掘り起こすという作業に他ならないので、今回みなさんにお伝えするマインドマップの手法は有効です。有効な手段があるなら、どんどん活用していくのがいいでしょう。

せっかく「頭の中を洗い出す」という方法があって、さらにそれを実践してみる気があるなら、できる限りのことをそこから引き出して、自分のものにしてしまいましょう。

皆様のご参加をお待ちしております。

1佐々木.jpg

▼やまもとさをんのブログ 【マインドマップ1年生】

▼佐々木正悟のブログ ライフハック心理学


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年06月21日(13:30-16:30)
13:10開場
開催場所ちよだプラットフォームスクウェア ミーティングルーム001
(東京都千代田区神田錦町3‐21)
参加費4,000円(税込)
定員32人(先着順)
申し込み開始2014年03月12日 00時00分から
申し込み終了2014年06月19日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2014年06月21日

マインドマップでタスク管理:洗い出しを楽しくやり抜く3時間

東京都千代田区神田錦町3‐21

http://kokucheese.com/event/index/157063/

頭の中はスッキリしていますか? 何かモヤモヤすることがあったら、とにかく紙とペンを使って、気に掛かることを書き出してみる。 徹底的に書き出してみる。 モヤモヤが取り払われるまで書き出す。 これは心理...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク