「亀岡市の防災計画 〜まちは私たちを守ってくれるのか?〜」
とき:4月27日(日)13:30〜15:30
ところ:ガレリアかめおか2F研修室
参加費:カンパ制
講師:守田敏也さん
定員:30名
当日参加も歓迎!(参加者多数の場合、事前申込者優先となります)

主催:市民まちづくり 風の会

亀岡市は大飯原発をはじめとする福井県若狭湾の原発群にも近く、もしものことが起こった場合を想定して置かなくてはならない位置にあります。
亀岡市が被災したときに、私たちは何ができるでしょう?
まちは市民を守ってくれるでしょうか?
だけど、原発から30km圏内の亀岡市は市民のための防災計画策定の義務がありません。
自分たちでできること、みんなでできること、行政に求めていくべきことを考えましょう。

<守田敏也さん プロフィール>
同志社大学社会的共通資本研究センター客員フェローなどを経て、現在フリーライターとして取材活動を続けながら、社会問題全般に関する研究を進めている。東日本大震災以降は原発事故の取材と放射線防護に専念。2012年3月に物理学者の矢ヶ﨑克馬氏とともに岩波ブックレットから『内部被曝』を上梓。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年04月27日(13:30〜15:30)
開催場所ガレリアかめおか2F研修室
(京都府亀岡市余部町宝久保1-1)
参加費無料
定員30人(先着順)
申し込み開始2014年03月16日 15時00分から
申し込み終了2014年04月26日 23時59分まで
主催

イベント概要

2014年04月27日

亀岡市の防災計画 〜まちは私たちを守ってくれるのか?〜

京都府亀岡市余部町宝久保1-1

http://kokucheese.com/event/index/158132/

「亀岡市の防災計画 〜まちは私たちを守ってくれるのか?〜」 とき:4月27日(日)13:30〜15:30 ところ:ガレリアかめおか2F研修室 参加費:カンパ制 講師:守田敏也さん 定員:30名 当日参...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク