=入場料収入の一部は、震災支援グループ・光と風(福岡)主催:保養合宿支援とさせていただきます=
 
■■■今立っている所からできることを、身体で表現するオイリュトミーの舞台■■■
■■■          『ぼくが ここに いること』          ■■■

【日時】2014年6月29日(日) 15:30-17:00 (15時開場)

【会場】横浜関内ホール:小ホール

【入場料】
 前売券:1300円(小学生以下無料)
 当日券:1500円 
 ●全席自由

【内容】
こどもの詩とシューマンの音楽  
まど・みちお 「ぼくが ここに」
ハレルヤ 
魂のこよみ 「ミカエルの情景」
ロシア民話 「おだんごぱん」  
ベートーヴェン 「ピアノソナタ・月光」  
マスカーニ 「アヴェマリア」  
ラヴェル 「亡き王女のためのパヴァーヌ」

【出演】
 オイリュトミーアンサンブル 野のばら★ 小林敦子 笹井鳩子 清水敦子 
                      高岡万紀子 増田真由美
 演出・朗唱・オイリュトミー●宇佐美陽一(オイリュトミスト)
 ピアノ●柳沢孝幸
■照明●加藤泉

【お申込・お問合せ】
創造空間Lula & Popo(笹井)
■Tel 045-392-8100/Fax 045-392-8101
 lulapopo@peace.email.ne.jp 

■告知's( Webより) http://bit.ly/1mUiMXT

【ご予約チケットの取り扱い・お支払い】
・事前申込みにて、氏名・連絡先・人数(有料・無料)をお知らせ後、指定口座にお振込ください。
・当日受付にてお振込控えをご提示の上チケットをお受け取りください。

【振込口座】
[ゆうちょ銀行 記号10220  番号 57104531 名義:ササイ ヤスコ]

=====
《 「野のばら」の想い》
 
 野のばらのメンバーにとってオイリュトミーは、内なる自分との出会い、外なる世界との繋がり、
を体感する大切なものとなっています。
アンサンブルでの動きはそのことを更に大きな深まりや高まりとして感じさせてくれます。
 一昨年7回目の発表会を終えた私たちは、この4月新たな一歩を宮城県の多賀城市から踏み出しました。

 「ぼくがここにいることの大切さとすばらしさ」、
そして「繋がりあう喜び」を届けたくて、
これからもオイリュトミー愛好者としての歩みを続けていきます。

■宮城・多賀城公演のご報告■

 本当に様々な意義を深く感じることのできた公演でした。そして、ほぼ初めて横浜から外に出て、
発表会から公演へと愛好者なりに脱しようとする心意気を強く感じることができました。

 ここ数年、芸術表現の意義がとても大きく変わりつつあるのですが、オイリュトミーを創始して、
「社会芸術」という全く新しい次元の芸術表現の形を提案していたシュタイナーの想いが開こうとする、
まさにその時にふさわしい公演だったのです。
 福島・岩手・宮城の多くの方々に見ていただき、未来の宝としての「こども」をテーマとしたオイリュトミー公演は、今後の私の活動にとっても、深い意味を持っていると確信できました。
主催していただいた皆さんにも、心から感謝いたします。 /宇佐美
=====


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年06月29日(日曜日・15:30-17:00)
開催場所横浜関内ホール:小ホール 
(神奈川県横浜市中区住吉町4-42-1)
参加費1,300円(税込)
定員250人(先着順)
申し込み終了2014年06月29日 00時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2014年06月29日

横浜『ぼくが ここに いること』オイリュトミー舞台*保養合宿支援

神奈川県横浜市中区住吉町4-42-1

http://kokucheese.com/event/index/175332/

=入場料収入の一部は、震災支援グループ・光と風(福岡)主催:保養合宿支援とさせていただきます=   ■■■今立っている所からできることを、身体で表現するオイリュトミーの舞台■■■ ■■■       ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク