もう古い方の本になりつつありますが、『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』という面白いビジネス書がありました。

この本に書かれていることは要するに

・すぐやれ

・とにかくすぐやれ

・いいからすぐやれ

ということでした。その繰り返しでしかなかったのですが、

・すぐやらないから面倒なことになる

・すぐやらないから残務がたまる

というのは、半分くらいは真理だと思います。

でももう半分がありそうです。そもそも業務時間内で終わるはずのないほどたくさんの仕事量を託されている、というひどい事態です。

これを一言で言えば「会社が悪い」わけですが、だからといってどうにもできない。日本全体、4000万人の労働者みんながどれほどの月日を「残務処理」のこと(だけ)で頭を悩ませているかと思うと、なんだか腹が立ってきます。

「残務ゼロ、それはムリでもせめて残務をスッキリさせる見通しを立てて休日を過ごすだけでも、ずいぶんスッキリするのでは?」

という提案を佐々木が受けて、この「残務ゼロ研究会」を企画しました。

「残務」とはここでは少し広くとらえてください。例えば

・ふだんからやろうと思ってなかなか手のつけられないこと

・勉強などの計画

・やれば便利になることがわかっている環境設定

・いつかまとめてやろうと思って集めているライフハック

・実際の業務上の残務

なども「残務」です。これらの見通しがつけば、心理的にずいぶんスッキリするだろうし、未来志向的になることが可能です。

当研究会では次のプログラムを考えています。

・みんなが銘々の残務を持ち寄って、銘々で黙々とその処理をする

・みんなが銘々の残務を持ち寄って、銘々で処理計画を立てる

・佐々木が自らの経験を交え、残務処理の心理的ストレスとその対処法を話す(20分くらい)

・質疑応答もあわせたディスカッション(20分くらい)

つまり、研究会のうち約2時間は残務処理、またはその計画を立てることに費やしていただきます。

要するに残務を処理する場と時間を設けるという、極めてシンプルな研究会です。あわせてそもそも残務を発生させない仕組みを検討できればいいですね。終わったところでスッキリした心をお持ち帰りいただければと思います。

皆様のご参加をお待ちしております。

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)
なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)ケリー・グリーソン 楡井 浩一

PHP研究所 2003-04-02
売り上げランキング : 23980


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


スポンサード リンク

開催概要

日時 2011年10月09日(18:15~20:50(会場18:00))
開催場所【ティーズ渋谷フラッグ】Room7H
(東京都渋谷区宇田川町33番6号 Shibuya Flag 7F)
参加費3,000円(税込)
定員18人(先着順)
申し込み開始2011年09月21日 12時00分から
申し込み終了2011年10月07日 23時59分まで
主催

イベント概要

2011年10月09日

残務ゼロ研究会

東京都渋谷区宇田川町33番6号 Shibuya Flag 7F

http://kokucheese.com/event/index/17840/

もう古い方の本になりつつありますが、『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』という面白いビジネス書がありました。 この本に書かれていることは要するに ・すぐやれ ・とにかくすぐやれ ・いいからすぐやれ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク