「調布ヘルプカード普及プロジェクト」の一環として、
調布の未来を語り合う
「調布 未来語らい フォーラム」を開催します。

「ヘルプカード」とは、障害者がいざというときに
助けを求めるコミュニケーションをとるためのカードです。
全国的に自発的に生まれてきたものですが、
2012年に東京都が統一のフォームをつくり、
調布市でも同年から取り組みをはじめました。

「調布ヘルプカード普及プロジェクト」とは
ヘルプカードの普及・啓発を目的に、
全5回の「調布 未来語らい フォーラム」や
小中学生対象の「ポスターコンクール」などを行うもの。

6月11日に行う第1回「調布未来語らいフォーラム」では、
「調布での豊かな暮らしを考える」をテーマに開催。
ヘルプカードの話をベースにしながら、
広く調布での豊かな暮らしとは何か、どうすれば
誰もが安心して豊かに暮らせるまちになるのか、
そのために何が必要なのか、などを、
「ワールドカフェ」という対話手法で語り合います。

茶菓や音楽を用意。カフェのような空間を演出します。
くつろいだ雰囲気の中で、調布の未来について
語り合いませんか?

どなたでも参加できます。調布に長く住もうと
思われている方、まちづくり、福祉などに
興味のある方、調布のまちで何かしたいと
思っている方、近隣地域の方、ぜひ参加ください。
参加費は無料です。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年06月11日(19:00~21:15)
開催場所調布市民プラザあくろす 3階あくろすホール(国領)
(調布市国領町2-5-15)
参加費無料
定員100人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2014年06月11日

第1回 調布 未来語らい フォーラム

調布市国領町2-5-15

http://kokucheese.com/event/index/179381/

「調布ヘルプカード普及プロジェクト」の一環として、 調布の未来を語り合う 「調布 未来語らい フォーラム」を開催します。 「ヘルプカード」とは、障害者がいざというときに 助けを求めるコミュニケーション...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク