神渡良平 人間学・第22回(主催 照隅会)
【 人を動かす力 】
■学長講師 : 神渡良平 様(作家)
■ゲスト講師: 滝田 栄 様 (俳優 仏像彫刻 仏教研究)

■日時:2014年8月23日(土) 午後1時半~午後4時半
■会場:アカデミー文京・学習室
  東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター地下1F
■定員:50名(先着お申込み順。定員になり次第締切らせていただきます)

--------------------------------------------------
今回のゲスト講師、滝田栄様は、舞台『レ・ミゼラブル』の主演を14年間務めたほか、大河ドラマ「徳川家康」や映画『不撓不屈』で主演されるなど、日本を代表する名優。

また俳優の仕事のみならず、執筆、講演などに幅広く活躍され、座禅と朝粥の会主宰、抜刀術四段、陶芸、それに仏像制作に邁進されています。

”僕は、一つの役、一人の人間を演じる時、その人を動かしている力がどのような力なのかを考えることがあります。愛なのか憎しみなのか、愚かさなのか賢さなのか、欲望なのか叡智なのか、などなどその人を動かしている根本的なエネルギーの質を探し出すわけです。”(「滝田栄、仏像を彫る」毎日新聞社)


滝田さんは、「徳川家康」で主演するにあたって、役どころをつかむために26巻ある山岡荘八の原作をすべて読み、幼年期の家康が人質として預けられた臨済宗のお寺に数週間籠ります。

”家康のときは人物をつかむのに本当に苦労しました。信長や秀吉はある程度想像できても、家康の場合、どういう心がその人生を動かしたのかがどうしてもわからない。考えあぐねた末、わらをもすがる思いで臨済寺を訪ねたわけです。

臨済寺は臨済宗の和尚を養成する寺で、山門のなかにはぴちっと張りつめた空気があり、400年以上前の竹千代の時代と何も変わっていないという感じでした。

ところが、その 空間に身をおき原作を読み返しても、やはりわからないんですね。もうどこかに消えてしまいたい心境でした。”

そんなときに寺の長老からかけていただいた一言ですべてが氷解したといいます。

”「・・・・解りました、全てが解りました。家康を動かした力と、あの沈黙と忍耐の謎も解けました。・・・・大丈夫です。もうどこにいても何をしても家康でいられます!」
私は打ち震えるような興奮を抑えてお礼を述べて下山し、撮影に入りました。”


若かった頃は、人の苦しみや悲しみなんてものに思いがいたっていなかったという滝田さん。恰好よく見せてやろうという思いが全身を支配していて、人間のドラマであるということがどこかに飛んでしまっていたそうです。

そんな滝田さんの気持ちを氷解させた老師の一言とはどんなものであったのでしょう?

”私は、人生という旅に出て、多くの人を観、多くの人を演じることでさまざまな人生を体験した。
しかし、人を観るということは、結局は真実の己を深く観察し、本当の己の在り方を見つけ出す、本当の己を知ることであった。”

滝田様の語られる「人を動かす力」、どうぞお楽しみに!

=======================
■ゲストプロフィール:

☆滝田 栄さん(俳優 仏像彫刻 仏教研究)

1950年、千葉県生まれ。文学座養成所から劇団四季を経て独立、現在に至る。
テレビでは『草燃える』『なっちゃんの写真館』『マリコ』『徳川家康』など多数主演。また『料理バンザイ』の司会を20年間つとめた。舞台『レ・ゼラブル』主演ジャン・バルジャンを初演より14年間演じる。

2002年〜2003年 インドに渡航。仏教の研究
2006年 映画『不撓不屈』で主演。2006年、2007年、2008年 奈良薬師寺にて技楽『三蔵法師求法の旅』を主演。

2013年 東日本大震災の大津波による被災者の供養のため宮城県気仙沼市に[気仙沼みちびき地蔵堂]を建立。宗派を超えて、仏教が出来うる全ての供養と、再生再起の祈りを捧げています。([気仙沼みちびき地蔵堂]の命名は薬師寺村上太胤副住職)

《主な著書》
『滝田栄仏像を彫る』(毎日新聞社出版)
新版 古寺巡礼奈良『唐招提寺』巻頭エッセイ(淡交社)

*************************
☆神渡良平さん (作家)

昭和23年、鹿児島生まれ。
九州大学医学部中退後、新聞記者、雑誌記者を経て独立。38歳のとき脳梗塞で倒れ一時は半身不随に。

必死のリハビリで再起。闘病生活中に、人生はたった一回しかないこと、人にはなすべき使命があってこの地上に送られていることを痛感する。

かけがえのない人生を取りこぼさないためには、自分の経験の範囲内で考えることではなく、先人たちが掴んだ人生の知恵を活用すべきことに気づく。闘病中に起草した『安岡正篤の世界』がベストセラーに。以後、次々にベストセラーをうみ出し、講演や執筆に多忙となる。

《主な著書》
『一隅を照らす生き方』(PHP研究所)
『下坐に生きる』
『天翔ける  日本武尊(上下)』(以上、致知出版社)
『安岡正篤 珠玉の言葉』
『中村天風 「幸せを呼び込む思考」』(以上、講談社)
『安岡正篤の世界』(同文館)
等多数

=======================
◆スケジュール
13:10 開場、受付開始
13:30 開会挨拶  岸和幸(照隅会世話役) 
13:35 講演  神渡良平さん 
14:05 講演  滝田栄さん 
15:35 休憩 
15:45 こころの対話 
16:30 アンケート記入、閉会挨拶、終了  

=======================
◆参加費: 3,000円(事前入金制) 
        当日支払は、4,000円になります
 
事前入金は、開催日の前日午後1時までに下記口座へお願いいたします。
(誠に勝手ながらキャンセル時の返金はいたしかねますので、あらかじめご了承ください)

三菱東京UFJ銀行 六本木支店  口座番号1314188 岸 和幸
ゆうちょ銀行 記号10310 番号20246301 キシ カズユキ
 
尚、入金後、お手数ですが下記までご連絡ください。
email  cremony777@gmail.com 
℡ 090-2755-5402
(照隅会世話役  岸 和幸)

◆懇親会 終了後付近のお店で、17時開始、19時終了(予定)で行います。
       会費(3,500円)は参加時にお支払ください。
       ゲストはご都合により不参加となりますが、神渡先生はご参加予定です。

◆主催 照隅会 http://syoguukai.jimdo.com/


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年08月23日(13時半~16時半)
参加費 前売3
000円、当日4
000円
開催場所アカデミー文京 学習室
(東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター地下1階)
参加費3,000円(税込)
定員36人(先着順)
申し込み開始2014年07月12日 12時00分から
申し込み終了2014年08月22日 12時00分まで
懇親会 17:00~19:00
懇親会場所随一望 本郷三丁目本店
(東京都文京区本郷2-36-2)
→地図を開く
懇親会費3,500円(税込)
懇親会定員30人(先着順)
主催

イベント概要

2014年08月23日

「人を動かす力」(滝田栄様&神渡良平様 人間学ご講演)

東京都文京区春日1-16-21 文京シビックセンター地下1階

http://kokucheese.com/event/index/190234/

神渡良平 人間学・第22回(主催 照隅会) 【 人を動かす力 】 ■学長講師 : 神渡良平 様(作家) ■ゲスト講師: 滝田 栄 様 (俳優 仏像彫刻 仏教研究) ■日時:2014年8月23日(土) ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク