「ファイティング・オープンIT・アゲインスト・デザスター」~災害と戦うオープンIT~

正式名称: 「オープンセミナー2011@徳島」

略称:OST2011 Twitterハッシュタグ: #OST2011

スケジュール

11月26日(土) 13:00 - 17:30(12:30より受付)

テーマ

「ファイティング・オープンIT・アゲインスト・デザスター」~災害と戦うオープンIT~

デザスター、破滅的な災害に対して21世紀の文明は対処できるのか。 21世紀の文明はオープンITの波に乗って、ソーシャル、分散環境、インターネットが前提の世界にシフトしつつある。しかし、いざというときにネットワークは常に使えるのか。データの永続性は保証できるのか。オープン技術はいかに使えるのか。

ここに、事例を述べる。

1.クラウドにリソースを置いてOKなのか? Amazonの大規模障害によるサービス停止にいかに対応したか。

2.原子炉事故圏内でインターネットは使えるのか? NTT DOCOMO 福島汚染地域での基地局壊滅時に、いかに現場では復旧がなされたのか。

3.オープンデータベースに背中を託せるのか? PostgreSQLにおいてどれだけの耐障害性が実装されているのか。

4.オープン技術者はいかに立ち上がったのか? いかにオープンソースプロジェクトからガイガー検出器の量産実現を果たしたのか。

21世紀は間違いなくオープン技術の世界である。 オープン技術で災害と戦えるのか。 オープン技術で災害と戦う力となるのか。 いかにして、オープン技術者は災害と戦っているのか。 「ファイティング・オープンIT・アゲインスト・デザスター」~災害と戦うオープンIT~ COMMING SOON!

プログラム

時間などは変更する場合があります。

第一部 12:30 受付開始 13:00 はじまりの挨拶 13:05-17:25 4セミナー + パネルディスカッション 17:25 おしまいの挨拶

第二部 18:30 開始 18:40 ライトニングトーク大会 20:00 閉会

講演内容

「その時ケータイのネットワークは ~東日本大震災を経て~」

 講師:NTTドコモ東北支社 経営企画部長 松木 彰 氏

地震、津波、原発事故という極限の災害の中、携帯電話によるインターネット接続のみが 外界との接点という局面が多々あったことはご記憶かと思います。しかし携帯基地局も 無事ではありませんでした。4900もの基地局がサービス断となるなか、いかに復旧活動が 行われたのか。現場でのたたかいを、ドコモ東北支社より講師をお呼びしてお話いただきます。

「Amazon EC2 大規模障害 SaS 「My Redmine」サービス再開までの67時間30分」

 講師:ファーエンドテクノロジー株式会社 代表取締役 前田 剛 氏

クラウドは果たして頑丈なのか脆弱なのか。クラウドに業務システムをシフトすることは 可能なのでしょうか。いざというときに対応できるのでしょうか。4月21日から数日間、 Amazonのクラウドサービスに大規模障害が発生し、世界中のユーザーが影響を受 けました。Amazon EC2を使ってSaaS「My Redmine」サービスを提供している前田 氏が、67時間30分ものサービス停止がいかに発生し、どのように対処をしていったの かをお話いただきます。

オープン技術で作成するガイガーカウンター

 講師:Open Geiger Project 参加者の皆様

安価なガイガーカウンターを作るプロジェクト。個人のソフト技術者が開始したこのプロジ ェクトは、オープンハードウエアで公開され、設計図やソースコードは誰でも利用可能で す。これを元にした量産製品がいくつも世に出ることになりました。オープンソースソフト の開発手法の活用は、ソフトウェアの世界に留まらず、大災害に対して戦うだけの力と なりえる、また更には新しい世界を開く力となることができるでしょう。

PostgreSQLで出来る高可用システムとディザスタリカバリ

 講師:日本PostgreSQLユーザ会 PostgreSQLのしくみ分科会 笠原 辰仁 氏

大きなシステムにおいて、データベースはしばしばバックエンドと称され、事業継続のために 正に背中を託す位置づけとなります。そのような重要なデータベースもオープンソースで開発 されているものがあります。それらは大災害や様々な障害を乗り越え、我々の未来を作るベース として考えても良いのでしょうか。オープンソースデータベースであるPostgreSQLの単体での 堅牢性、クラスタ、レプリケーションなどの話題から、どれだけオープンソースに未来を託すこ とができるかを読み解きます。

パネルディスカッション「災害と戦うオープンIT」

16:50~17:25 ・オープン技術に背中を託せるのか? ・インターネット上にリソースを置いてOKなのか? ・オープン技術者はいかに災害に対して立ち上がれるのか? ・など

懇親会

18:30~20:00 同じ会場で「オープンセミナー@徳島 2011 第二部」として、 立食パーティ(ノンアルコール)+ライトニングトーク大会を行います。 食べ物の費用として¥2,000程度(学生料金も検討中)の参加費をお願い致します。

ライトニングトーク

第二部懇親会においてライトニングトーク大会を行います。ライトニングトーク募集中です。 5分程度。自由登壇制。早い者勝ち、また一人で何度でも登壇できます。 テーマは自由。学生の登壇が優先。社会人も大歓迎。この機会に腕試しをしてみませんか。

お子様連れについて

参加の形態はかなり自由がききます。育児中、授乳中でセミナーなどに参加しにくいお母様などもこの機会にぜひお来しください。

関係団体

主催

オープンセミナー@徳島 2011 徳島 実行委員会

共催

日本PostgreSQLユーザ会 四国支部(JPUG) http://www.postgresql.jp/
瀬戸内Linuxユーザ会(STLUG) http://www.stlug.org/
四国BSDユーザ会(S*BUG) http://www.flathill.gr.jp/sbug/
オープンフォース http://openforce.project2108.com/

協賛企業

受付中

後援団体

受付中

オープンセミナーとは

ITの世界ではオープン系(原則公開)の技術が主流になっています。このオープン技術を扱う一般公開セミナーであり、中国、四国地方の各県でそれぞれ毎年開催しています。現在まで岡山、香川、愛媛、徳島、広島での実績があり、集客は20名~200名。主催者はオープンセミナー実行委員会で、実行委員長はその都度選出されます。

徳島での実績

徳島では過去4回開催 集客数 20~60名

去年の開催

    2010/10/23(土)講師 全国より4名 およびライトニングトーク
昨年のテーマ
  「オープン技術者とワークライフバランス」

スポンサード リンク

開催概要

日時 2011年11月26日(13:00-17:30)
開催場所とくぎんトモニプラザ 6F レクリエーションホール
(徳島県徳島市徳島町城内2番地1)
参加費無料
定員55人(先着順)
申し込み開始2011年10月20日 00時00分から
懇親会 18:30-20:00
懇親会場所とくぎんトモニプラザ 6F レクリエーションホール
(徳島県徳島市徳島町城内2番地1)
→地図を開く
懇親会費2,000円前後、学生料金考慮中(税込)
懇親会定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2011年11月26日

オープンセミナー@徳島 2011

徳島県徳島市徳島町城内2番地1

http://kokucheese.com/event/index/19794/

#「ファイティング・オープンIT・アゲインスト・デザスター」~災害と戦うオープンIT~ 正式名称: 「オープンセミナー2011@徳島」 略称:OST2011 Twitterハッシュタグ: #OST20...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク