都市農業、農業の6次産業化、流通革命&農商工連携……。
多摩の食と農によるまちおこしの未来を考える

「多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム2014」

多摩の農家・地元流通業者・飲食業・農の新しいビジネスモデルを見出す起業家・
農業参入にした企業・農と企業・市民をつなげるコーディネーター・まちおこしや、
農業支援に取り組む コミュニティビジネス等の実践者などが集まり、
多方面から多摩の農業とそこで生み出される食材の
価値を再考するシンポジウム。

好評だった昨年度に引き続き、今年は農と食のビジネスモデル改革編を開催します。多様な立場を
乗り越えてともに多摩の農業の未来を語り合いましょう。

同時開催:「あつマルシェ」、「地場野菜ナイト」
(上記写真はマルシェ会場の写真です)。


「多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム」式次第
第1部 事例講演
①農業振興地域の挑戦
「小麦の生産で休耕地活用&うどん文化再生」
瑞穂町 たまご工房うえの 代表 上野勝さん

②都市農業のひとつのカタチ
「江戸東京野菜に秘めた可能性と『市農公商』」
小金井市 小金井市農業委員会会長 高橋金一さん

③異業種コラボで人を呼ぶ
「都市農地のブレイクスルー「農園地」というスタイル」
国立市 ㈱農天気  代表 小野淳さん

第2部 パネルディスカッション
  「多摩の農業の現状と課題、
  そしてこれからのビジネススタイル」 をテーマに
  事例講演者 + 首都大学東京 菊地俊夫教授が
  本音トーク

※ 終了後  名刺交換会  17:00~17:30

※懇親会は「地場野菜ナイト」に繰り出します。

参加ご希望の方は、下記申し込みフォームの
記入をお願いします。

★★★★★ ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
【開催概要】
日 時:11月1日(土)
     ①シンポジウム/13時30分~17時(13時開場)
     ②終了後17~17時30分で名刺交換会を開催します。
     ※名刺交換会では生産者と流通・加工業者・まちおこし
     実践者との交流会・ビジネスマッチングを行います。
会 場:たましんRISURUホール(立川市市民会館) 小ホール
参加費:シンポジウム1,000円
      定 員:200名
     (定員になり次第締め切らせていていただきます)
※参加には申し込みが必要です。下記、アドレスより
  フォームへの記入をお願いします。
   http://kokucheese.com/event/index/215429/
主 催:多摩CBネットワーク、「多摩の食と農による
     まちづくりシンポジウム2014 実行委員会」
共 催:合人社計画研究所、西東京農地保全協議会
協 賛:㈱いなげや、サンケイリビング新聞社多摩本部、
     青梅産業㈱、㈱河内屋
後 援:立川市、多摩信用金庫、
協 力:㈱まちづくり立川、㈱ユニココ

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年11月01日(13:30〜17:30)
同時開催:あつマルシェ 11/1 9:00〜15:00
地場野菜ナイト 11/1
11/2
開催場所たましんRISURUホール(立川市市民会館)
(東京都立川市錦町3丁目3−20)
参加費1,000円(税込)
定員200人(先着順)
懇親会 16時30分~17時
懇親会場所たましんRISURUホール3階ギャラリー
懇親会費無料
懇親会定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2014年11月01日

多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム2014

東京都立川市錦町3丁目3−20

http://kokucheese.com/event/index/215429/

都市農業、農業の6次産業化、流通革命&農商工連携……。 多摩の食と農によるまちおこしの未来を考える 「多摩の食と農によるまちづくりシンポジウム2014」 多摩の農家・地元流通業者・飲食業・農の新しいビ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク