hangar-flight



hangar-flight


かつて、飛行機乗りにとって、空が危険だった頃。
飛行機乗りたちは、自分たちの体験を飛び立つ前の
格納庫(ハンガー)で語り合うことで、
未知なる空を知ろうとした。

ソフトウェア開発もまた、未だ容易ではない。
かつて、飛行機乗りがそうしたように。
我々も、我々のことを語ろう。


◆HangarFlight、しましょうか◆
私たちはこれから先どれだけのサービスやシステムを生み出すのでしょうか。
人一人が経験できることには、限りがあります。
また、経験とは行動を起こした人への唯一の報酬といえます。
しかし、人が語る経験を耳にし、それを自分事として捉えなおした時、
自分にとっての新たな発見があるのではないでしょうか。
かつて、命を賭して、空を駆けた飛行機乗りたちにあやかり。
私たちも、私たちの空を飛び続けるために、HangarFlightしましょう。

◆Snow Barrageの世界◆
今回のHangarFlightは、SnowBarrage
集まった語り手たちは、いずれも開発現場の前線を飛び回る
Reckless(命知らずの) Pilotです。
彼、彼女たちから次々と繰り出され紡がれる物語から、まさに弾幕ともいえる
圧倒的な勢いを感じることでしょう。
HangarFlightはその帰り道からが私たちにとっての、旅の始まりです。
来年の春に、再びこのHangarへと帰りついて下さい。
その時、みなさんのHangarFlightを私たちは待っています。

2010.12 WinterSortie(冬の出撃)
2011.05 SpringBomb(春の爆弾)

説明

◆Snow Barrage参加申込について◆
本編はマルチセッションとなっています。希望されるセッションを選択し
当日該当のセッションに参加してもらいます。
今回のHFでは参加申込とセッション選択を分けることにしました。
このこくちーずでは、参加申込を受付けます。
申し込まれた皆さん宛に、お送りする申込完了メールにセッション選択サイトのURLを記載してご案内します。
まずは、こちらにて参加申込をお願いします。

フライトスケジュール

12:30-13:00 受付開始
当日、会場2Fのロビーで受付を行います
13:00-13:30 出撃の刻 〜オープニング〜
HF趣意説明「Snow Barrage」 @papanda
13:30-17:15 編隊飛行 〜本編〜

本編は、4つの格納庫でそれぞれセッションを行います。
セッションは13:30から17:15の間に4枠用意しました。
すなわち、4部屋☓4枠で、
16枠のHangarFlightを予定しています。
具体的なセッションテーブルは後日公開します。

Snow Barrageの乗り手(発表者)の皆さん
※発表内容は随時更新します。
第1機 @agilekawabata 川端光義 氏
「普通のプログラマチームによるアジャイル開発と少数精鋭によるアジャイル開発」
DevLOVE関西でXP☓Rubyの発表をされた川端さんに
東京でも現場、Rubyをテーマに発表頂きます。
XP☓Ruby!! あなたはまだ熱い赤い物語を知らないッ
著書:バグがないプログラムのつくり方

第2機 @daipresents 藤原大 氏
「アジャイルで目指した坂の上の雲」
レガシーなシステムや先の見えない運用を抱える現場。
そんな現場に飛び込み、半年間、アジャイル開発を
推進した経験と、その後の彼らについて語ります。
http://daipresents.com/

第3機 @haru01 家永英治 氏
時を超えた建設の道、パタンランゲージの源流にふれ
再度ソフトウェア開発のコンテキストで
パタンランゲージについて物語ろう。
森の賢者が織り成す、Gembaパタンの物語。
https://github.com/haru01/

第4機 @WarlockReport Shunsuke Miyakawa 氏
「『学びをカタチにする』を目指して
- 自分でiPhoneアプリを作ってリリースしてみた(仮) -」
我々、作り手はどこに向かうのだろうか。究極的には自分で
作る、から協創へと至る道。
その過程にあった外化の取り組みについて語ろう。
参考: タロット・リポートが生まれた理由
http://www.warlockreport.org/

第5機 @kuwa_tw Akihiro Kuwano 氏
「"サービス"エンジニアとして何を考えて行くか(仮」
http://d.hatena.ne.jp/akuwano/

第6機 @m_pixy Moriyuki Hirata 氏
「お客様とコードの間にあるもの」
プログラマー梁山泊の会社で、プログラマーではない立場
として、自分がいかに価値を出すか。顧客と要求と平田。
今、物語ろう。
http://d.hatena.ne.jp/m_pixy/

第7機 @kompiro Hiroki Kondo 氏
「DevLOVEで学んだ事を現場で広めるための48の戦略をFearless Changeから学ぼう」
勉強会に参加して学んだ事を、現場に広めるためにはコツがあります。例えばあなたの周りに、新しいガジェット好きの同僚はいませんか?そういった方は新しいアイディアに興味を持ちやすい人です。あなたの聞いてきたアイディアを話してみましょう。きっと興味を持つでしょう。このセッションでは、そういった、新しいアイディアを広めるための戦略を紹介します。
参考:Fearless Change: Patterns for Introducing New Ideas
http://d.hatena.ne.jp/kompiro/

第8機 @kenchan Kenichi TAKAHASHI 氏
Jenkinsの運用を中心にRailsとCI(とサーバ仮想化)について。
参考:これで君のインテグレーションは始まりも終わりもなくなった
http://shu-cream.net/

第9機 @kawasima 川島義隆 氏
「受託プログラマの進路 ~アジャイルセールスと"手塚モデル"~」
DevLOVEのマスターセンセイ川島さんによる
2011年最後のサプライズは、革命的な開発モデル
"手塚モデル"!!
高度に発達したプログラマーが辿り着いた開発とは?!
あなたはソフトウェア開発の未来を、トキワ荘にみることだろう。
参考:未来はどこにいても誰にでも平等にある。 未来を創るのは自分自身だ。 ~SIerの中で生きるということ~
http://unit8.net/

第10機 @wackiesrock Yoshinori Wakizaka 氏
「マーケットという大空を飛ぶためにユーザーストーリーという地図を携えて」
ユーザーストーリーを用いたUXデザインッ!
今、ユーザエクスペリエンスのためのストーリーテリング -よりよいデザインを生み出すストーリーの作り方と伝え方 - をベースに、UXデザインについて物語ろう。
参考:http://www.slideshare.net/wackiesrock

第11機 @jun116 uejun 氏
「受託でのスマフォアプリ開発(仮」

第12機 @wknar アラ さん
プログラマになりたくて〜MIRAIGENGOと共に歩んだ365日〜」
プログラマになろうとしたきっかけ、独学に限界を
感じて来ていくつかの企業で武者修行をした経緯
夏を費やしたサービス開発合宿での思い
色々な人のおかげでここまで来れていること
将来私はどんなプログラマになるつもりか
MIRAIGENGOとともに歩んだ、私の365日!!
http://d.hatena.ne.jp/wknar/

第13機
@papanda 市谷聡啓
海岸沿いのSIerから海岸沿いのServicerに行って
帰ってきて、そこにあったもの。
参考:Secret of moon
http://d.hatena.ne.jp/papanda0806/

第14機 荒ぶる四天王決定戦
時間!コスト!品質!スコープ!最も荒ぶるモノは何か
今宵、真の荒ぶる四天王決めようッ!!
※参加型セッション
参考:アジャイルサムライ

第15機 @sato_shi 横田聡氏
コミュニティFXUGの立ち上げから、クラスメソッド
スタートアップまで。デベロッパーに向けた、これが
本当のスタートアップストーリーだッ!!
http://classmethod.jp/

第16機 @haradakiro Harada Kiro氏
「実践DDDQuickReplay」ライブ・ドメインモデリング!!
http://www.isken.co.jp/
17:30-18:30 全機着陸 〜ふりかえり〜
俺たちのハンガーフライト
「物語を、自分事にするために。」
SnowBarrageでの様々な物語を受け止め
参加者それぞれのコンテキストに基づいて、課題解決を指向した
ふりかえりを行います。この時間を終えた時、我々はそれぞれの帆を立てることになるだろう。
18:45-21:00 Hangar Flight 渾身会
乗り手:全員
「ビアバッシュダイアログ」
力のかぎり、渾身せよ。
飲み物片手に発表者や参加者同士語るも。
2011年を、締めくくる一夜にしましょう。

21:00 帰還
後片付け後、各自帰還せよ。

※申込時のお名前、twitter-id,メッセージは本サイト上部の「申込みリスト」に
表示されます。
公開しても良い内容で登録をお願いします

※参加費は、遠方から来て頂く発表者の方のご支援や備品購入として集めます(1000円)

※懇親会は、会場内で実施予定です。参加される方は、当日に実費精算を頂く形となります(2000円を予定)

※内容は変更の場合があります。

※イベントの情報については、DevLOVEなMLでも案内します。
これを機会に是非、MLへのご参加下さい。
DevLOVE LINK

※DevLOVE Park には参加されていますか?※
様々なテーマについて幅広く、そして、より深くコミュニケーションを
できるよう設置しています。ぜひご参加下さい。
DevLOVE Park

問い合わせ、ご連絡は、こちらまで。お気軽にどうぞ。
developlove@gmail.com


スポンサード リンク

開催概要

日時 2011年12月10日(12時30分受付開始/13時出撃)
開催場所オラクル青山センター
(東京都港区北青山2-5-8)
参加費1,000円(税込)
定員180人(先着順)
主催

イベント概要

2011年12月10日

DevLOVE HangarFlight - Snow Barrage -

東京都港区北青山2-5-8

http://kokucheese.com/event/index/21611/

かつて、飛行機乗りにとって、空が危険だった頃。 飛行機乗りたちは、自分たちの体験を飛び立つ前の 格納庫(ハンガー)で語り合うことで、 未知なる空を知ろうとした。 ソフトウェア開発もまた、未だ容易では...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク