昨秋発覚した医薬品の臨床研究における利益相反やデータ改竄、今年2月に発覚した STAP 騒動など、研究の世界における不正行為が相次いでいます。実は第1回(2006 年)のサイエンスアゴラで研究不正、研究費不正に関するワークショップを開催しましたが、その時以来今に至るまで、研究にまつわる不正事件は絶えず起こり続けてきました。そうした不正行為が何故起こり、どうやったら減らせるのでしょうか? また、研究不正対策の取り組みは大学や研究機関、学会や国政のレベルで多くありますが、それらは有効に機能しているでしょうか? それらの問題に向き合い、誠実な研究をやりやすくするような科学コミュニティのあるべき姿を本音で考えます。

会場:産総研臨海センター別館 11 F 会議室2・3
日時:11 月 9 日(日) 13:00~17:00
主催:横山 雅俊
   榎木 英介(SSA)
   #phdjp 科学と社会ワーキンググループ
ゲスト:中村 征樹さん(大阪大学全学研究推進機構)
    粥川 準二さん(科学ライター)
    坂内 博子さん(名古屋大学理学部)

およその内容:
 2部構成で実施します。
 前半はサイエンスカフェ形式のトークセッション。中村さんと粥川さんに話題提供をお願いしています。中村さんには、この8年間にあった研究不正問題を総括していただき、ご自身の経験に基づいて研究公正に関してお話しいただきます。粥川さんには、STAP 騒動や韓国のファン・ウソク事件に関する取材などのご経験を通じて、研究倫理問題に関する視座を提示していただきます。それらを基に、会場全体で一連の問題群に関して、論点を整理します。
 後半は会場全体で手と頭を動かすワークセッション。共同出展者の1人・榎木さんとゲストの1人・坂内さんに、生命科学の研究の現場の視点や、研究者業界内部の構造的な問題に関する論点整理のリードをしていただきながら、論点同士の関係をマインドマップで可視化して、誠実な研究を進められるような研究者コミュニティを作るためのロードマップをどうやって作るかに関して、皆で考えます。
 当日の模様は、ネットワーキングチャット Twitter を用いてネット中継します。用いるハッシュタグは #rire14 です。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年11月09日(13:00~17:00)
開催場所産業技術総合研究所臨海副都心センター別館11F
(東京都江東区青海2-4-7)
参加費無料
定員40人(先着順)
申し込み終了2014年11月09日 07時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2014年11月09日

研究問題ワークショップ・本音で語る研究倫理問題リターンズ

東京都江東区青海2-4-7

http://kokucheese.com/event/index/223645/

 昨秋発覚した医薬品の臨床研究における利益相反やデータ改竄、今年2月に発覚した STAP 騒動など、研究の世界における不正行為が相次いでいます。実は第1回(2006 年)のサイエンスアゴラで研究不正、...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク