今回は、表現 Hyogenをはじめその他様々なユニットで日本全国、

最近ではヨーロッパなどでも活躍されている佐藤公哉さん(ヴァイオリン、ヴィオラ、声)をお呼びしました。

佐藤さんの活動の中心である表現 Hyogenは、世界中の様々な音楽に触れ、吸収し、何処にもない、

でもどこか懐かしい現代のフォークロアのような響きの世界を創りだしています。

そのような活動をされている佐藤さんとともに、伝統から切り離された世代の、

あたらしい笙の音楽を創れないだろうかと考え、今回お声がけしてみました。

笙と、声、ヴァイオリン、ヴィオラとともに奏でられる、この世界の何処でもない、

あたらしい神話の世界のような音楽をお楽しみください。  Written by 大塚 惇平

<Program>
笙and Violin,Viola,Voice
笙Solo
即興演奏 and more
皆さんに参加していただく場面もあるかもしれません...


<プロフィール>
大塚 惇平(笙)
ヴォイスヒーラーであった渡邊満喜子氏のもとで声と身体をひらく経験を積む。
ヴォイスパフォーマンスの活動を通して笙の響きの世界と出会う。
早稲田大学第一文学部卒業。音楽文化論を小沼純一氏に師事。
その後、東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒業。
笙、琵琶、右舞、歌物を専攻。現在笙を田島和枝氏に、
右舞、歌物を豊英秋氏(元宮内庁式部職楽部首席楽長)に師事。
雅楽古典の演奏・研究をベースにしつつ、現代音楽や即興演奏、
他ジャンルとの交流を積極的に行う。
最近ではナディッフアパート、浅草公会堂、丹生都比売神社など、
幅広い場所で演奏活動を行っている。
ohtsukajumpei.com

佐藤 公哉(Violin Viola Voice) 
1984年北海道生まれ。シュルレアリスムの影響のもとに
幼少より画家を志し、後に音楽へ転向。
東京藝術大学 音楽環境創造科卒業後、
声/ヴァイオリン/ヴィオラ/パーカッション
を用いて作曲、演奏、ワークショップを各地で行う。
表現(Hyogen)、3日満月、音のてらこや、Torus Vil.などの
名義でフォークロア/ポップス /現代音楽/舞台芸術などの
混在した活動を続けている。
白石かずこ、川俣正、山川冬樹、つむぎねなど
多方面のアーティストと共演。
http://satokimiya.blog.fc2.com/


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年11月15日(Start 15:30  Doors Open 15:00)
※ 1オーダー制:お飲み物か、お食事どちらか1品ご注文をお願いします。           ※ 全席自由席  要予約                                          最寄り駅:JR原宿駅、東京メトロ/千代田線 明治神宮前駅から 徒歩10分
開催場所MOMINOKI HOUSE(原宿 自然食カフェレストラン)
(渋谷区 神宮前 2-18-5)
参加費3,000円(税込)
定員28人(先着順)
申し込み終了2014年11月15日 15時00分まで
主催

イベント概要

2014年11月15日

何処でもない音楽 あたらしい神話  ~ 昼の部 ~

渋谷区 神宮前 2-18-5

http://kokucheese.com/event/index/223653/

今回は、表現 Hyogenをはじめその他様々なユニットで日本全国、 最近ではヨーロッパなどでも活躍されている佐藤公哉さん(ヴァイオリン、ヴィオラ、声)をお呼びしました。 佐藤さんの活動の中心である表現...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク