雅楽の合奏は小宇宙を表していると言われることがあります。
笙は天から差し込む光を、篳篥は大地に生きる生き物や人の声、龍笛は天地を行き交う龍の鳴き声・・・。
それぞれアジア大陸の異なる故郷で生まれた楽器たちは、ここ日本で独自のアンサンブルを築き上げ、現在に至っています。
世界最古のオーケストラと言われる「雅楽」。飛鳥時代から1300年にわたる歴史の中で磨き上げられた珠玉の雅楽の音色・・・しかし、まだまだ一般の方に浸透しているとは言いがたいのが現状です。また、雅楽ってどんな風に聴いたらいいのか、とっかかりが掴めない、という方も多いと思います。
今回は、笙、篳篥、龍笛の音色を間近でじっくりとお聞きいただき、お話も交えながら、雅楽の魅力をたっぷりと味わっていただけたらと思っております。
遠く瞬く星々の世界にも通じるような、雅楽の不思議な響きの世界をお楽しみください。


<曲目>
蘇莫者音取
舞立 蘇莫者 序 破
千秋楽
ジュピター
星めぐりの歌(宮沢賢治作曲)
他、星にまつわる曲目・・・


大塚 惇平(笙)
ヴォイスヒーラーであった渡邊満喜子氏のもとで声と身体をひらく経験を積む。
ヴォイスパフォーマンスの活動を通して笙の響きの世界と出会う。
早稲田大学第一文学部卒業。音楽文化論を小沼純一氏に師事。
その後、東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒業。
笙、琵琶、右舞、歌物を専攻。現在笙を田島和枝氏に、
右舞、歌物を豊英秋氏(元宮内庁式部職楽部首席楽長)に師事。
雅楽古典の演奏・研究をベースにしつつ、現代音楽や即興演奏、
他ジャンルとの交流を積極的に行う。
最近ではナディッフアパート、浅草公会堂、丹生都比売神社など、
幅広い場所で演奏活動を行っている。
ohtsukajumpei.com


國本 淑恵(篳篥)
広島県出身。東京藝術大学音楽学部邦楽科雅楽専攻卒。
篳篥を三浦進氏、高桑賢治氏、東儀秀樹氏、右舞を多忠輝氏、松井北斗氏、雅楽歌物を東儀雅季氏、松井北斗氏の各氏に師事。
古楽器とのアンサンブルや、国内外での演奏会など、幅広く演奏活動に取り組む。
目白浄清楽雅楽教室篳篥講師。


多田 泰大(龍笛)
東京都出身。親の勧めもあって、17歳で雅楽を習い始める。
東京藝術大学音楽学部邦楽科に入学。
同大学卒業後は、演奏会への出演、老人ホーム慰問等、演奏活動を続けている。
横笛を芝祐靖氏、伊崎善之氏、越後眞美氏、上研司氏、八木千暁氏、歌物を東儀雅季氏、左舞を岩波孝昌氏の各氏に師事。
最近では、藝大21 和楽の美 '11年11月、東儀秀樹明治座公演、 '12年3月、ワシントン公演 '12年4月、オマーン公演 '12年10月などで活躍している。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2014年12月20日(Start 19:30  Doors Open 19:00)
※ 1オーダー制:お飲み物か、お食事どちらか1品ご注文をお願いします。           ※ 全席自由席  要予約                                          最寄り駅:JR原宿駅、東京メトロ/千代田線 明治神宮前駅から 徒歩10分
開催場所MOMINOKI HOUSE(原宿 自然食カフェレストラン)
(東京都 渋谷区 神宮前 2-18-5)
参加費3,000円(税込)
定員28人(先着順)
申し込み終了2014年12月20日 19時30分まで
主催

イベント概要

2014年12月20日

雅楽のまたたき ~夜の部~

東京都 渋谷区 神宮前 2-18-5

http://kokucheese.com/event/index/233990/

雅楽の合奏は小宇宙を表していると言われることがあります。 笙は天から差し込む光を、篳篥は大地に生きる生き物や人の声、龍笛は天地を行き交う龍の鳴き声・・・。 それぞれアジア大陸の異なる故郷で生まれた楽器...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク