NPO法人The School ECHO Project主催 フューチャーセッション

【本当にいいの?フィンランドの教育】

〜現地の教育を受けたパネリストたちと、両国の違いと日本の教育のこれからを語ろう〜


フィンランドの教育がいいってよく聞くけど、本当?
日本とはどこが違うの?
日本でフィンランドの教育を取り入れることはできる?

そんな疑問をもっている先生、学生さん、保護者の方々も歓迎!

高校生・大学院生として実際にフィンランドの教育を受けたパネラーたちから、リアルな経験を聴ける機会です。注目されているフィンランドの教育の実情を知り、これからの日本の教育のために何ができるか、一緒に語ってみませんか?

※「参加者もおもしろい方が多く、もっとお話したかった〜と思いました」などの前回いただいたお声に応えて、ご参加の方同士のディスカッションや、フィンランドの初等教育に関する情報もパワーアップしました!



★ パネラー
○ ウコンマーンアホ万里
フィンランドと日本のミックス。慶應義塾中等部卒業後、家族でフィンランドに移住し現地高校に通う。そこで日本とフィンランドの教育の違いに興味を持ち、卒業後帰国。現在は早稲田大学教育学部2年生でありながら、青森や香川など地方で自身の経験とフィンランド教育についての講演も務める。食器が好き。

○ 江上由美
1987年兵庫県生まれ。27歳。東京大学教育学部卒業、フィンランドオウル大学修士課程修了。現在は教育コンサルタントとして留学関係の仕事に従事。
大学在学中にフィンランド教育ブームに疑問を感じ、実地研究を決意。2010年よりフィンランドにて、中学校教師の働き方や職業観についての研究を行う。フィンランドでは、現地の人が個性を尊重しながら繋がりを大切に、柔らかく生きる場面に触れて価値観が変化。毎日を大切にする生き方を模索中。ムーミンが好き。

○ 山田響子(コーディネーター)
NPO法人The School ECHO Project代表理事、千葉大学看護学部特任助教。養護教諭として公立小中学校で勤務後、渡米。ミネソタ大学にて人材開発学修士号を取得。帰国後、大人の人材育成を通して「夢をカタチにできる子が育つ社会」を創ることを目指し、The School ECHO Projectを設立。研究の一環として、フィンランド・アメリカ・日本の教師育成の比較も行っている。焼肉とビールが好き。


★ プログラム
① テーマ及びパネラーの紹介
② フィンランドの教育の概要
③ パネラー2名とコーディネーターのフリートーク
④ 小グループでの感想共有
⑤ 質疑応答&会場のみなさまとの全体ディスカッション


★ 開催情報
・日時: 2015年1月10日(土)14:00〜16:30(開場13:30)
・場所: 渋谷区総合文化センター大和田2階 学習室2
・参加費: 1500円(事前振込の方は1000円、学生500円引き)
 ※参加費の振込方法は別途メールでお知らせ致します。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年01月10日(14:00~16:30)
開催場所渋谷区文化総合センター大和田 学習室2
(渋谷区桜丘町23-21)
参加費1,500円(税込)
定員25人(先着順)
申し込み終了2015年01月10日 00時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年01月10日

フューチャーセッション【本当にいいの?フィンランドの教育】

渋谷区桜丘町23-21

http://kokucheese.com/event/index/235475/

NPO法人The School ECHO Project主催 フューチャーセッション 【本当にいいの?フィンランドの教育】 〜現地の教育を受けたパネリストたちと、両国の違いと日本の教育のこれからを語ろ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク