新年一発目のNPO法人読書普及協会イベント「新春開運堂」の時期がやってまいりました。

今年は、佐伯理事長の「本の力」でご存知の方も多い元東芝府中ラグビー部の宮下さんと佐伯理事長との「本の力リアルバージョン」、著書「光」でおなじみの土居伸光さんの講演となります。

また、初の試みとして2014読書普及協会大賞~未来に届けたい。わたしたちの愛する一冊~の大賞最終選考会もあり、てんこ盛り盛りの内容になっております。

新年早々、皆さんの景気づけとして家族、友人をお誘いの上、ご参加くださいまし~~~。

日時 平成27年1月24日15時より受付開始

15時30分~17時00分 佐伯理事長、宮下さんによる「リアルバージョン本の力」

17時10分~17時50分 第0回読書普及協会大賞~未来に届けたい。わたしたちの愛する一冊~最終選考会

18時00分~19時30分 土居伸光さんの講演「位を立てる」

会費 一般 4000円 読書普及協会会員 2000円

講演者プロフィール

佐伯英雄氏 

1958年生まれ。WEB古書店「本の越後屋」の店主であり、NPO法人読書普及協会の理事長を務める。「本のソムリエ」とも呼ばれ、本の魅力を伝えるトークショー「本の力」は、日本全国に 根強いファンを持つ。NHKの「めざせ!会社の星」 「文化流行最前」「ラジオ深夜便」に出演するなど、多方面で活躍中。

宮下哲郎氏 

1976年生まれ。 ユニークな両親、兄の下幼少の頃から「争い事が大嫌いな無類の平和主義者」として育つ。 大学社会人と15年間ラグビー選手として活躍(12回の日本一、日本代表も経験) 30歳の時、選手として潮時を迎え引退を考えていたところ吸い込まれるように立ち入った本の越後屋で店主佐伯氏と出会う。 その後徹底的に越後屋に入り浸り「本の力」によりレギュラーに復帰し日本一へ貢献、現役続行(その後4年間)となった。2009年シーズンをもって選手引退。引退後も会社員として勤務を続けながら越後屋並びに読書普及協会で培った経験、人脈を基盤にフィールドをグランド外にまで拡げ、想いを体現するため日々精力的に活動を行っている。

土居伸光氏 

1947年大阪府生まれ。田崎真珠を経て、90年独立。「意識の転換」をテーマに企業などで講師を務める。99年「見慣れた景色が変わる時」(日本ペンクラブ編)に妻をがんで亡くした経験を寄稿。一貫して心の自立とそのあり方を訴える。著書に『光』、 『スマイル(絶望を喜びに変えた女性の記録)』(光文社)がある。


なお、新春開運堂終了後、毎年恒例の縁会もありますので、こちらもご参加くださいませ~~~。会費3500円~4000円ほどの予定となります。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年01月24日(15:30~19:30)
開催場所東部区民館
(〒132-0014 東京都江戸川区東瑞江1丁目17番1号)
参加費4,000円(税込)
定員制限はありません
主催

イベント概要

2015年01月24日

新春開運堂~NPO法人読書普及協会佐伯2年を祝う~

〒132-0014 東京都江戸川区東瑞江1丁目17番1号

http://kokucheese.com/event/index/242249/

新年一発目のNPO法人読書普及協会イベント「新春開運堂」の時期がやってまいりました。 今年は、佐伯理事長の「本の力」でご存知の方も多い元東芝府中ラグビー部の宮下さんと佐伯理事長との「本の力リアルバージ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク