日本では現在、親が育てられない子どもを社会が代替的に育てる「社会的養護」について、施設養護よりもできるだけ家庭養護とするよう、舵が切られている。その家庭養護の選択肢は養子縁組、里親、ファミリーホームである。
 養子縁組を世界的な視点で見れば、国内外の政治的・経済的状況から国境を越えた養子縁組(国際養子)に至った子どもたちは数十万人規模であり(たとえば韓国、中国、ロシア、中南米、アフリカから欧米へ、東欧から西欧へ、イギリスからオーストラリアへ)、数十年たったいま、養子のアイデンティティ、ルーツ探しが世界的課題になっている。
 一方で、グローバル化する社会の中で、国際結婚夫婦が祖国から養子を迎えるなど、国際養子縁組、渉外養子縁組は増えつつある。
 子どもの福祉のための社会的養護をどのように構築すればよいのか、国際比較の視点から、また、子ども当事者の視点から考えたい。


プログラム

開場12時
開会12時15分
司会 白井千晶(静岡大学・准教授/社会学)

第Ⅰ部 グローバルな視点で考える

講演「家族観からみる日本の社会的養護と養子縁組」キャサリン・ゴールドファーブ(マックマスター大学・助教・カナダ/人類学)(日本語講演)12時15分~13時00分

講演「世界から学ぶ日本の社会的養護:日本、イスラエル、イギリスの比較から」マイケル・メイヤ・キング(オックスフォード大学・院・イギリス/社会政策学)(日本語講演)13時00分~13時45分

第Ⅱ部 子どもの視点で考える

映画上映「はちみつ色のユン」13時55分~15時10分
「はちみつ色のユン」2012年|フランス・ベルギー・韓国・スイス|75分|HD|16:9|ドキュメンタリー×アニメーション|仏語・日本語字幕
監督・脚本・ユン、ローラン・ボアロー

講演「韓国の国際養子縁組の歴史的変遷と養子の現状」姜 恩和(首都大学東京・助教/社会福祉学)(日本語講演)15時10分~15時40分

子どもの声「Voices of Youth」社会的養護を経験した子どもの立場から(IFCA)15時40分~17時00分

第Ⅲ部 総合シンポジウム 17時00分~17時30分
シンポジウム
 キャサリン・ゴールドファーブ/マイケル・マーハー・キング
 姜 恩和/IFCAユース/白井千晶
フロアディスカッション


演者紹介
キャサリン・ゴールドファーブ(マックマスター大学・助教・カナダ/人類学)Kathryn Goldfarb
2008~2010年に日本に滞在し、日本の社会的養護、養子縁組家族、不妊治療を人類学的に調査してきた。家族観・家族観や身体経験を手がかりに、社会のイデオロギーや国家政策を鋭く分析している日本研究者。

マイケル・メイヤ・キング(オックスフォード大学・院・イギリス/社会政策学)Michael Maher King
社会的養護における施設養護割合が高い日本・イスラエルと英国の現状と社会政策をを研究。市民活動として、児童養護施設にボランティアを派遣するスマイルキッズ・ジャパンを創設、東日本大震災時に東北キッズプロジェクトとして東北の児童養護施設を訪問・支援。NGO活動をTEDx Tokyo 2011でプレゼンテーションした。『日本の児童養護』(明石書店)のロジャー・グッドマンに師事。


映画「はちみつ色のユン」(2012年・75分・トリウッド配給)
韓国出身の国際養子としてベルギー家庭で成長した監督自身の自伝的なアニメーション・ドキュメンタリー。
韓国は1960年代から70年代に20万人を超える子どもが養子として主にヨーロッパに渡航した。今現在、彼らのアイデンティティ、ルーツ探し、社会的位置が社会的課題にも、社会科学的研究トピックスにもなっている。
アヌシー国際アニメーションフェスティバルにて長編アニメーション部門観客賞、ユニセフ賞を受賞。日本での上映は終了し、現在、自主上映でのみ視聴できる。1月に原作本の翻訳が刊行されたばかり。

姜 恩和 KAN, Una(首都大学東京・助教/社会福祉学)
20年前に来日。日本の韓国の家族の違いを興味をもち、父系中心的な家族規範の歴史的展開に軸をおいて研究を始める。
現在の主な研究テーマは、日本と韓国の養子縁組制度を含む社会的養護の比較研究、乳児遺棄や死亡を防ぐための母子保護システムの構築など。

IFCA
International Foster Care Alliance [IFCA] は、アメリカと日本の児童福祉をつなぐ唯一のNPO法人として、米国ワシントン州を拠点に、3つの領域(ユース、ケアギバー、プロフェッショナル)での事業を展開している。ユース部門は、児童施設や里親家庭で育つ子どもたちや、フォスターケアを離れて自立した若者たちが「社会的養護の当事者チーム」として活動している。本シンポジウムでは、日本のユースがスピーチする。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年03月08日(12時15分~17時30分)
開催場所日本女子大学 目白キャンパス 百年館低層棟206教室
(東京都文京区目白台2-8-1)
参加費無料
定員150人(先着順)
申し込み終了2015年03月07日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年03月08日

社会的養護と養子縁組~世界と日本

東京都文京区目白台2-8-1

http://kokucheese.com/event/index/248584/

 日本では現在、親が育てられない子どもを社会が代替的に育てる「社会的養護」について、施設養護よりもできるだけ家庭養護とするよう、舵が切られている。その家庭養護の選択肢は養子縁組、里親、ファミリーホーム...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク