調布・まちシネマ第4弾!


「危いことなら銭になる」
あの「ルパン三世」にも影響を与えた?と言われる、陽気でスタイリッシュな隠れた名作。

●柴崎・さくらんぼ
1月29日(木)14:30~16:30 開場14:00
柴崎のジャス・ライブ喫茶が、ついにまちシネマ会場に!
お店の雰囲気は今回の映画にぴったりです。さくらんぼが誇る劇場用「JBL」スピーカーで!

料金 500円+ワンオーダー
定員 30人
会場 東京都調布市菊野台 2-22-3
会場連絡先 042-488-0626
http://chofu.com/units/36243/sakuranbo/

■上映作品 「危いことなら銭になる」(1962年 日活 84分)
【スタッフ】監督:中平康、原作:都筑道夫、脚本:池田一朗 山崎忠昭
【キャスト】宍戸錠 長門裕之 草薙幸二郎 浅丘ルリ子 左ト全

これぞエンターテインメント! 都筑道夫の原作「紙の罠」を鬼才・中平康が監督した傑作犯罪アクション・コメディ。ニセ札の贋造名人をめぐり、エースのジョーが暗黒街のボスを始め、非情の殺し屋と対決!あの「ルパン三世」にも影響を与えた?と言われる、陽気でスタイリッシュな隠れた名作。紅一点の浅丘ルリ子の可愛らしさも超絶。
 
<ストーリー>
紙幣印刷用のスカシ入り和紙十億八千万円相当が何者かによって強奪され、運転手二人が殺される! このニュースを聞いてニヤリと笑うのは拳銃無敵の腕前ながらガラスを擦る音には全く弱い“ガラスのジョー”(宍戸錠)、計算オタク、“計算尺の哲”(長門裕之)、怪力自慢の“ダンプの健”(草薙幸二郎)の三人。三人の目的は紙を盗んだ連中に偽札づくりの名人坂本老人(左ト全)を高く売りこむことだ。ところが肝心の名人は強奪犯に拘束されてしまう。名人を探すジョーが唯一の手掛かりの平和ビルに乗りこんでみると、意外にも秋山とも子(浅丘ルリ子)という若い美人が一人いるだけだった・・・。

参照HP:http://www.nikkatsu.com/package/100classics_dvd/dvd007.html


<調布・まちシネマ>
撮影所をはじめ映画関連企業が集まる映画のまち調布で、もっと身近に日常的に映画を楽しめる環境をつくろうと活動している市民プロジェクトが「調布・まちシネマ」です。
第3弾は新しいスタイルにトライ!「調布・まちシネマ」がみんなで見たいと思った作品1本を選んで、期間中3会場で、それぞれの演出でお届けします。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年01月29日(14:30~16:30)
開場14:00
開催場所さくらんぼ
(東京都調布市菊野台2-22-3)
参加費500円(税込)
定員30人(先着順)
申し込み開始2014年12月30日 00時00分から
申し込み終了2015年01月29日 14時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年01月29日

調布まちシネマ「危いことなら銭になる」@柴崎・さくらんぼ

東京都調布市菊野台2-22-3

http://kokucheese.com/event/index/249874/

調布・まちシネマ第4弾! 「危いことなら銭になる」 あの「ルパン三世」にも影響を与えた?と言われる、陽気でスタイリッシュな隠れた名作。 ●柴崎・さくらんぼ 1月29日(木)14:30~16:30 開場...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク