【朝bizカレッジ】
「こんなビジネスをしたい!」と思ったら、それをビジネスプランにまとめていくと自分の中でも整理がつくし、外部の人達にも自分のやりたいビジネスを説明しやすくなります。

ただ、最初から「本に書いてあるような」ビジネスプランのそれぞれの項目(市場分析とかマーケティングプランとかオペレーションプランとか)を書き始めると、ほとんどの場合、ストーリーが甘くなったり、整合性の取れていないところが出てきたりします。

私は年間100件以上のビジネスプランのブラッシュアップをしたり、起業塾をしていますが、その中では「こんなビジネスをしたい!」と思ったら、まずは「WHAT-HOW」でまとめてみることをお勧めしています。

今回のオンライセミナーでは、そのやりかたをご紹介します。

非常にシンプルですが、その中に「考えるべき事」がたくさん含まれています。

この「WHAT-HOW」がしっかりと出来たとき、それは一番シンプルな「ビジネスプラン」になっていますよ。
とても使い勝手がいいやりかたなので、是非使ってみてください。

【内容】
・ビジネスプランで外部の人が「見る」ポイント
・WHATとHOWでまとめるってどういうこと?
・WHATでおさえるポイント、HOWでおさえるポイント
・ビジネスプランで一番大事な4つのキーワード

【講師】
長坂 有浩(ながさか ありひろ)

経営コンサルタント
国内証券会社、外資系証券会社でM&Aやコーポレートファイナンスアドバイザーを経験した後、経営コンサルティング会社で起業家支援を開始。起業家支援ではビジネスプラン作成のほか、創業時の資金調達アドバイザーも行う。

1997年より起業家支援プロジェクト「ドリームゲート」のアドバイザーとして年間100件のビジネスプラン・起業に関する相談を受けている。2008年 アドバイザーグランプリで「面談件数グランプリ」「お客様満足度準グランプリ」、2010年同グランプリでは「面談件数グランプリ」「ビジネスプラン部門グランプリ」に輝く。また、「横浜ビジネスプラングランプリ2008」の一次審査員とし てN0.1評価をしたビジネスプランがグランプリ獲得、起業相談をした方が横浜ベンチャーポート主催の講師No.1を決める「S-1グランプリ」でファイ ナリストに、ドリームゲート主催「DREAMGATE GRANPRI」でファイナリストに選ばれる等、「起業家が考えるビジネスプランを魅力的にブラッシュアップしていく」手腕には定評がある。

株式会社アリスカンパニー代表
慶應義塾大学法学部政治学科卒
Wake Forest University Babcock Graduate School (MBA)卒
独立・起業家支援プロジェクト「ドリームゲート」 アドバイザー
【講師実績】
・ドリームゲート主催「相手が思わず前のめりになるビジネスプラン作成」セミナー講師
・埼玉県創業・ベンチャー支援センター主催 「あなたにしかできないビジネスプランを作る アイデア発想・ビジネスプラン作成セミナー」セミナー 講師
・横浜市資源リサイクル事業協同組合主催 初心者向け「ビジネスプランの作り方」研修講師
・中小企業庁「新卒者就職応援プロジェクト」研修講師
・セミナー「ビジネスプラン」「プレゼンテーション」「自己の棚卸しをしてビジネスのタネを見つけよう」講師
・トラスト主催「女性起業塾」講師(ビジネスプラン担当)
・トラスト主催「ソーシャルメディアミックス」セミナー講師
・新社会システム総合研究所主催 ツイッターセミナー講師


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年02月16日(am7:15-8:15)
開催場所新宿アイランドタワー エクセルシオール 西新宿駅徒歩1分
(東京都 新宿区 西新宿 6-5-1 新宿アイランドタワー 1F)
参加費2,000円(税込)
定員5人(先着順)
申し込み終了2015年02月15日 23時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年02月16日

ビジネスプランの説得力を高める経営理念とビジョンの作り方

東京都 新宿区 西新宿 6-5-1 新宿アイランドタワー 1F

http://kokucheese.com/event/index/252978/

【朝bizカレッジ】 「こんなビジネスをしたい!」と思ったら、それをビジネスプランにまとめていくと自分の中でも整理がつくし、外部の人達にも自分のやりたいビジネスを説明しやすくなります。 ただ、最初から...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク