昨年12月に開催された「第一回電子雑誌サミット 〜雑誌はすでに再起動(リブート)している!〜」電子出版関係者の間で大きな話題となりました。 その第2回を開催します。今回は「つくりかた」が主要テーマとなります。
 Amazon KDP、楽天Koboライティングライフなど個人出版、セルフパブリッシングが台頭しています。JEPAではその流れを2013年4月の「セルフパブリッシング狂時代」以来、数回のセミナーでご紹介しました。 今、その動きが「雑誌」への広がりを見せています。個人で電子雑誌が発行できる時代の最新動向をご紹介します。
電子雑誌なんか簡単だ!── 第1回電子雑誌サミットレポー

■出演者(創刊順)
◯堀田純司(作家)
2010年7月に学芸文芸漫画など多様な著者を迎えて「AiR」を創刊する。著書『スゴい雑誌』、『僕とツンデレとハイデガー』(以上、講談社),『メジャーを生み出す』(KADOKAWA)など。『生協の白石さん』『ガンダムUC証言集』などの書籍も企画、編集している。
電子書籍「AiR(エア)」

◯古田 靖(ライター)
2012年4月に文字、画像、音楽、動画など電子化できる創作物を網羅した電子雑誌「トルタル」を創刊する。著書『アイデアが生まれる人脈』(青山出版)『アホウドリの糞でできた国ナウル共和国物語』(アスペクト文庫)など。
個人レーベルカナカナ書房電子書籍一覧

○小嶋智(ソフトウェアエンジニア)
2010年4月から米光一成氏率いる電子書籍部でEPUB制作をはじめ、EPUBライブラリgepubを作る。2011年3月アサガヤデンショを立ち上げ、ある中華料理店だけを扱う電子雑誌「オトノハ」を創刊。2012年4月から「トルタル」にEPUB制作担当として参加。

◯鷹野 凌(フリーライター)
2013年9月に日本独立作家同盟を発足、2014年1月にインディーズ作家を応援するマガジン「月刊群雛」を創刊、同12月にウェブマガジン「群雛ポータル」を開始。更なる活動拡大のためNPO法人を設立予定。
電子雑誌「群雛」

【司会】
◯仲俣暁生(フリー編集者、ライター)
2009年10月に「マガジン航」を創刊(発行元・ボイジャー)。電子書籍をはじめ「本」や「出版」にいま起きている新たな動きを取材する、さまざまな書き手の記事を掲載している。著書『再起動せよと雜誌はいう』(京阪神エルマガジン社)など。
「マガジン航」

■講演詳細
日時:3月20日(金) 15:00-17:30 (14:30受付開始)
料金:JEPA会員社:無料、非会員社:2000円(当日持参、領収書発行)
会場:飯田橋:研究社英語センター 地図
主催:日本電子出版協会(JEPA)

※JEPA会員社は下記URLに記載されている企業・団体のみです。
http://www.jepa.or.jp/member_company/
会員社の法人構成も複雑になり、事務局で把握することが困難となりました。関係会社それぞれが個別に会員になられている場合もありますので、JEPA会員社リストに社名掲載の企業・団体以外は原則的に「非会員」とさせていただきます。
グループ企業で登録しているJEPA会員は、会員登録企業名で申し込んでください。
※非会員は当日2000円を会場受付でお支払いください。宛先無記名の領収書を発行します。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年03月20日(15:00~17:30 (受付開始 14:30))
開催場所飯田橋:研究社英語センター
参加費2,000円(税込)
定員200人(先着順)
申し込み開始2015年02月18日 08時00分から
申し込み終了2015年03月20日 12時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年03月20日

第2回 電子雑誌サミット

http://kokucheese.com/event/index/262337/

 昨年12月に開催された「[第一回電子雑誌サミット 〜雑誌はすでに再起動(リブート)している!〜](http://pundit.jp/events/12%E6%9C%8822%E6%97%A5%EF%...

申し込み受付は終了いたしました。

スポンサード リンク