ビジネス日本語研究会では,これまでの各事例や各会員の取り組みを踏まえ,ビジネス日本語教育のあり方について理論化を進めていきたいと考えています。今年度は、昨年6月の第12回研究会では、ビジネス日本語教育の指導者に求められるスキル・能力についてのCan-Do Statementsの検討を行いました。11月の第13回研究会では、ビジネス日本語の教員養成について考えました。
 今回はこれまでに検討したことを踏まえ、「ビジネス日本語教育は何を目指すのか?」と題して、現状の整理と課題の共有を試みたいと思います。特に、今回はビジネス日本語教育において重要な「企業の現場と日本語教育現場の連携」に焦点を当て、議論を深めていきたいと思います。

テーマ:ビジネス日本語教育は何を目指すのか? 
     —企業の現場と日本語教育現場との連携強化を目指して—
事例発表1 実践報告:ビジネス日本語教育実践事例報告(仮題)
 溝部エリ子(北九州YMCA 日本語教育アドバイザー)
事例発表2 実践報告:大学におけるビジネス日本語教育 ー社会人としてスムーズなスタートを切るためにー
 平野貞二(熊本大学非常勤講師)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年02月28日(13:30〜17:30)
開催場所長崎外国語大学
(長崎市横尾3-15-1)
参加費1,000円(税込)
定員40人(先着順)

イベント概要

2015年02月28日

ビジネス日本語研究会 第14回研究会 非会員用

長崎市横尾3-15-1

http://kokucheese.com/event/index/262914/

ビジネス日本語研究会では,これまでの各事例や各会員の取り組みを踏まえ,ビジネス日本語教育のあり方について理論化を進めていきたいと考えています。今年度は、昨年6月の第12回研究会では、ビジネス日本語教育...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク