《 第3回 国連防災世界会議 2015 公式パブリック・フォーラム》

「日本の災害への強さ
-世界とその秘訣と挑戦に迫る-」

※ 日英同時通訳あり
※ 参加費無料

・日時:2015年3月15日(日) 09.00~16.00
・於:東京エレクトロンホール(宮城県民会館)

(趣旨)
日本の近代防災は、1923年9月1日の関東大震災に始まる。2014年9月2日、2020年東京五輪が残すべき遺産について議論した。日本は、2020年そして将来に向け、五輪と震災復興への挑戦が不可欠である。

世界の将来に役立つ日本の災害への強さの秘訣と教訓(第1部)、防災の将来に役立つ日本の挑戦とイノベーション(第2部)について知の国際交流を行い、世界に貢献する日本の教訓とイノベーションを発信する。

【プログラム】 ※プログラムは予定なく変更されることがあります。

○ 09.05- 09.15 参加登録

○ 09.15- 09.30 開会の辞

・御友重希 御友重希 ロンドン・メトロポリタン大学(ギルドホール)客員研究員(財務省)、CIIE.asia事務局長
・山根太郎 サンワカンパニー代表取締役社長

○ 09.30- 10.30 基調講演と質疑応答

・久保田崇 陸前高田市副市長
・中原新太郎 地域・技術経営総合研究所長
・市川啓一 レスキューナウ最高顧問【創業者】
・高山峯夫 福岡大学教授、免震・制震技術の海外展開検討会主査

議長:林春男 京都大学防災研究所巨大災害研究センター長・教授


■ 第1部-世界の将来に役立つ日本の災害への強さの秘訣と教訓

日本の災害への強さの秘訣はヒト、民の力にある。地震・台風・火事・・・と世界的にも大規模災害の多い国土に生きてきた日本人の歴史・社会の知恵が、阪神淡路大震災、東日本大震災に直面した人々の整然・堂々とした行動に繋がった。ヒト・モノ・カネの動きのうち、こうしたヒトの自助・共助を、災害のリスクに係る情報、これに基づき判断・行動するボランティア、地方自治体など団体のリーダーシップと連携、モノ(サービス)の動き、情報産業である金融のカネの動き、ガバナンス、公助を含む産官学の連携等がいか支えるか、新たな教訓・遺産として日本人の歴史に刻まれた。これを世界と共有・議論し、いかに将来に役立てるか、議論する。

○ 10.30-12.00 パネルディスカッション

(パネリスト)
・粟飯原理咲 アイランド社長
・岡坂健 東日本大震災支援全国ネットワーク事務局長
・和崎宏 ひょこむ(兵庫県SNS)創立者
・牧野友衛 ツイッター・ジャパン メディア事業部 執行役員
・酒井紀之 情報支援プロボノ・プラットフォーム共同代表
・須田實 JR東海相談役
・熊谷巧 東北イノベーションキャピタル代表取締役 元日興キャピタル社長
・鈴木祐司 地域創造基金みやぎ(さなぶりファンド)理事

議長:林春男 京都大学防災研究所巨大災害研究センター長・教授

○ 12.00-13.00 昼食休憩


■ 第2部 -防災の将来に役立つ日本の挑戦とイノベーション

(趣旨)
もう一つの災害への強さの秘訣、民間の力、挑戦とイノベーションを世界と共有・議論する。災害に直面したヒトの自助・共助・公助を支えんと、日本の民間企業がモノ(サービス)でハイテクを駆使していかなる挑戦をし、大震災後の教訓を受け、いかなる改善と挑戦を続け、イノベーションをもたらし、いかに世界の防災の将来に役立つか。パート1で、防災産業展でも展示等ある民間企業の具体的なモノ(サービス)を紹介し、パート2で、世界の参加者が具体的に導入する条件・課題、将来の改善と挑戦、防災の将来を議論する。


○ 13.00-14.30 パート1 : 基調講演と質疑応答

・古屋圭司 衆議院議員、前国土強靭化兼内閣府防災担当特命大臣
・輿石逸樹 JR東日本 執行役員 鉄道事業本部長
・冨田洋 ジオサーチ社長
・高橋幸弘 北海道大学創成研究機構宇宙ミッションセンター長・教授

議長: 今村文彦 東北大学災害科学国際研究所長(後半議長:地引泰人助教)

○ 14.30-15.45 パート2 : パネルディスカッション

(パネリスト)

・麻生菜穂美 長野五輪組織委事務次長補佐(IOC出向)、白石北ロータリークラブ前会長
・岩崎智哉 スイスリー再保険会社日本支店副支店長
・篠目貴大 損保ジャパン日本興亜リスクマネジメント コンサルティング部長
・ダニエル・P・アルドリッチ 米国パデュー大学准教授(コミュニティ)、カトリーナ被災者
Daniel P. Aldrich , Associate Professor, Political Science (Community), Purdue University
・牧慎太郎 熊本市副市長
・地引泰人 グローバル安全学プログラム助教
・近藤道雄 福島再生可能エネルギー研究所 所長代理
 
議長: テッド・ベスター ハーバード大学ライシャワー日本研究所長
    Ted Bestor, Director, Reischauer Institute, Harvard University

○ 15.45 - 15.50 閉会の辞

今村文彦 東北大学災害科学国際研究所長

○ 17.30 - 懇親会
於:仙台ヤマライ(会場近くのフレンチ)


■ 協賛:
・サンワカンパニー

■ 後援・協力:
・河北新報社
・東北経済連合会
・京都大学防災研究所巨大災害研究センター
・東北大学災害科学研究所
・研究・技術計画学会「既存知識の新統合によるイノベーションでの地域活性化」サブ研究会
・映像・情報メディア学会アントレプレナー・エンジニアリング研究委員会 
・NPO法人ZESDA
・内閣府政策統括官室(防災)
・国土交通省
・陸前高田市


※ お申し込み時には、同時通訳機を管理する都合上、ご住所のご記入をお願いいたします。ご協力どうぞよろしくお願いします。他目的には利用致しません。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年03月15日(9:00-12:00 開会の辞 基調講演 第1部 12:00-16:00 第2部 閉会の辞 )
2015年3月14日に事前ツイッターセッション イベント後にジョイント・パーティー
開催場所東京エレクトロンホール(宮城県民会館)6階601大会議室
(〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-3-7)
参加費無料
定員200人(先着順)
申し込み開始2015年02月28日 00時00分から
申し込み終了2015年03月15日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年03月15日

国連防災世界会議2015「日本の災害への強さ」 公式・参加無料

〒980-0803 宮城県仙台市青葉区国分町3-3-7

http://kokucheese.com/event/index/270182/

《 第3回 国連防災世界会議 2015 公式パブリック・フォーラム》 「日本の災害への強さ -世界とその秘訣と挑戦に迫る-」 ※ 日英同時通訳あり ※ 参加費無料 ・日時:2015年3月15日(日)...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク