小さい子供は「ごっこ遊び」が大好きです。
体を動かし
声を出し
ただただ無邪気に
「なってみる」。

ヒーローになる、
ヒロインになる…
あれは実は「エクササイズ」なのです。

それらの体験を通して
子どもは自分の中の「ヒーロー」を呼び起こし、成長させるのです。
時がたち、大人になったときに
それらを存分に発揮して生きて行けるように。
世の中という海原に漕ぎ出し、存分に生き、出会い、愛し、そして
人の役に立つために。


困難に立ち向かう『戦士』の特質。
愛で人を癒す『女神』の特質。
より良い真理を探究する『冒険者』の特質。

自分の中の「力となる特質」を子どもは遊びを通して呼び起こします。


さて
ヒトにとって「もっともシンプルな誰にでもできること」である「声を出す」ということ。
この切り口を使って「声のワークショップ」では子どもの様に遊びながら、
様々なことを探求します。


まず、
「真に伝わる声と言葉」を得ること。
「耳に聞こえるだけの声」と「しっかりと相手に届く声」は違います。
相手のところにちゃんと届き、なかに染み入り、相手を動かすことのできる声と言葉。
特に、人に影響を与える立場にある人でなくとも
身近な人とのコミュニケーションにおいても大切なことです。


次に
「自分の人生を助け、拓いてくれる『使っていない特質』を開花させる」
「自分の真の使命とつながり伝える力を開く」
「自分の影響力(プレゼンス)を拡大させる」

こと。
どんなに声がよくても、立て板に水で話せても
まったく伝わらない、心には響かない、説得力がない、
という話し方をする人はたくさんいます。
「巧み」ということと「真に伝わる」ということは大違いなのです。
自分と言葉をしっかりと「つなぐ」作業をしていきます。
さらには、自分の声の可動域を広げることで、
あなたの人生をさらに豊かに開く可能性を持つ「眠れるパート」を発揮させます。


これらは
もともとあなた自身の中にあるものです。
声を出すこと、そして表現活動を通して、自分の中のこれらの能力、あなたのなかの豊かな特質を揺り起こし、
再び目覚めさせる。
それが声のワークショップです。


【こんな方に】
・声が小さい、通らないと言われる方
・自分の軸をしっかりと造りたい方。
・自分の感覚としっかりと繋がって、説得力のある声と言葉で語りたい方。
・人前に立ち、場を惹きつける「存在感(プレゼンス)」が必要な方。
・自分の中の枠をはずし、より自由に自分を表現できるようになりたい方。

+++++++++++++++++++

■基礎編
【基本の発声練習等を通して「届く声」をつくります】
 ◆5月31日
◆6月7日
◆6月28日
◆7月19日
◆8月2日
◆8月30日
13時30分〜17時


■発展編
【自分の軸から出る声と言葉で語る体験を通して『伝わる声と言葉』『他者に影響を与えられる声と言葉』で語れる状態をつくります】
●9月スタート 全6回

※基礎編のみの受講も可能です

《時間》
■13時30分~17時

《ところ》
■県民交流センター第4リハーサル室 他

《受講費》
■基礎編 1か月 17000円(税込み)
 (一括お支払 49000 円)

■発展編 1か月 20000円(税込み)
 (一括お支払 58000円)

《定員》
■6名

《そのほか》
■必要なもの
動きやすい服装でお越しください
水分をお持ちください


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年05月13日(5月31日(日)スタート)
開催場所かごしま県民交流センター第4リハーサル室
(〒892-0816鹿児島県鹿児島市山下町14-50)
参加費17,000円(税込)
定員6人(先着順)
申し込み開始2015年04月01日 22時00分から
主催
タグ

イベント概要

2015年05月13日

声のワークショップ鹿児島第4期

〒892-0816鹿児島県鹿児島市山下町14-50

http://kokucheese.com/event/index/279010/

小さい子供は「ごっこ遊び」が大好きです。 体を動かし 声を出し ただただ無邪気に 「なってみる」。 ヒーローになる、 ヒロインになる… あれは実は「エクササイズ」なのです。 それらの体験を通して 子ど...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク