セミナー概要

先日の規制緩和予定の発表で、e-文書法(電子帳簿保存法4条3項:「スキャナ保存」)が再度注目を集めています。
また電子取引の企業ニーズもその大きなメリット故にさらに高まりつつあるため、本セミナーでは、国税関係帳簿書類の横断的なソリューションを一堂に集め、出来る限り判りやすく、それぞれの法的要件に合致した実績のある安心なシステムを事例を交えて紹介します。

安心安定の電子取引システム(事例&システム紹介)

近年、ECサイトをはじめ、コンシューマレベルからBtoBの企業間で電子取引の普及が加速しています。

その背景として、ペーパーレスによる業務効率向上、人件費削減、印紙税削減といった大きな経費削減というメリットとコンプライアンス強化などが挙げられますが、導入については当然注意すべき点があります。

  • 取り交わされた電子データの保存義務
  • 電子データへの電子署名とタイムスタンプ付与の義務(要件確保)

今回は日々取り交わされていく電子データについて要件確保し、且つ効果的にメリットを見込める実績のあるシステムのご提案です。

ユーザーへの導入を検討している部門、または情報システムを担当している方、是非ご来場ください!

時間 講演内容 講演者(敬称略)
13:00 受付開始
13:15~13:20 ご挨拶
13:20~14:00(40分) プレゼンテーション①:基調講演
「国税関係帳簿書類の保存方法の特例法について」
e-文書法規制緩和の最新情報を交えて横断的に解説します。
アンテナハウス株式会社
行政書士となる資格を有する者(平成26年第801号)/(JIIMA e-文書法WGリーダー)
益田 康夫
14:00~14:40(40分) プレゼンテーション②
「業務を変える、効果的な書類保存の方法とは」
~電子帳票を利用した、業務改善方法の事例とともに~
株式会社NTTデータ ビジネスブレインズ
ビジネスソリューション事業部パッケージグループ 担当部長 的羽 幸洋
14:40~15:00 休憩 スキャナ OCR demoタイム
15:00~15:40(40分) プレゼンテーション③
「e-文書法規制緩和がもたらす業務の効率化」
~領収書の電子化が業務を変える~
株式会社PFU
マーケティンググループe文書ビジネス推進部 担当部長 沖野 重幸
15:40~16:20(40分) プレゼンテーション④
「商取引書類(請求書、納品書等)を電子化して送信」
~電子署名/タイムスタンプを利用した、効果的な書類保存の方法とは~
株式会社デジサイン
代表取締役社長 馬場 和幸
16:20~16:40 スキャナ OCR demoタイム
Q&A、名刺交換会


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年06月05日(13:15~16:45 (受付:13:00~))
開催場所関東ITソフトウェア健保会館会議室(大久保)
(東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館)
参加費無料
定員70人(先着順)
申し込み開始2015年04月22日 09時00分から
申し込み終了2015年06月05日 10時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2015年06月05日

普及が加速する電子取引!要件緩和で更に注目の電帳法セミナー!

東京都新宿区百人町2-27-6 関東ITソフトウェア健保会館

http://kokucheese.com/event/index/287835/

セミナー概要 先日の規制緩和予定の発表で、e-文書法(電子帳簿保存法4条3項:「スキャナ保存」)が再度注目を集めています。また電子取引の企業ニーズもその大きなメリット故にさらに高まりつつあるため、本セ...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク