「台湾エンタメ談議」は、映画をはじめとするエンターテイメントをとおして台湾を理解しよう
という異文化理解講座です。毎月第一土曜の午後に開催しています。
9月のテーマは文学です。

東アジアの100年が刻印された台湾文学には、
漢文、中国語、日本語、台湾語など多様な言語、多面的な歴史認識、
その多元性を生きる人々の日常と感覚が息づいています。
今回のエンタメ談義では、言語に着目しながら台湾文学史を辿り、
台湾文学のハイブリッド性を感じていただきたいと思います。

ゲスト:赤松 美和子 氏(大妻女子大学比較文化学部准教授)

ナビゲーター:稲見 公仁子(台湾映画研究家、ライター、台湾影視研究所主宰)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年09月05日(14:00~16:00 (13:45受付開始))
開催場所キッチン付談話室「サロン・ド・安閑園」
(東京都新宿区中落合2-7-10 ハイネス落合406)
参加費2,000円(税込)
定員20人(先着順)
主催
タグ

イベント概要

2015年09月05日

台湾エンタメ談議30「台湾文学を知ろう!」

東京都新宿区中落合2-7-10 ハイネス落合406

http://kokucheese.com/event/index/318723/

「台湾エンタメ談議」は、映画をはじめとするエンターテイメントをとおして台湾を理解しよう という異文化理解講座です。毎月第一土曜の午後に開催しています。9月のテーマは文学です。 東アジアの100年が刻印...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク