信州の自然とくだものと文学作品を朗読でつなぐ

長野県では読み聞かせ、読み語り活動が大変活発ですが、参加者は限られています。一方、信州は果物、農産物や特産品に恵まれており、これらをテーマにした文学作品が多くあります。ここに目を付けた元NHKアナウンサーで軽井沢朗読館館長の青木裕子さんが始めたのが「信州朗読駅伝」。信州産の果物や農産物、特産品が登場する小説などの中から自分の好きな作品を朗読し、プロのコーチを受けられるだけでなく、テーマになった果物などの直売コーナーも設けられます。こんなユニークなイベントが長野県内各地の図書館などを会場にして行われています。課題解決支援サービスに力を入れる有志のネットワーク、図書館海援隊が生んだ第3の派生ユニット、「朗読部」の目玉イベントの魅力を、映像や写真をふんだんに用いて紹介します。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2015年11月10日(10:00-11:30)
開催場所パシフィコ横浜 図書館総合展会場内 第8会場
(神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1)
参加費無料
定員200人(先着順)
申し込み開始2015年09月27日 00時00分から
申し込み終了2015年11月10日 00時00分まで
主催

イベント概要

2015年11月10日

図書館総合展フォーラム「信州朗読駅伝」

神奈川県横浜市西区みなとみらい1−1−1

http://kokucheese.com/event/index/339664/

信州の自然とくだものと文学作品を朗読でつなぐ 長野県では読み聞かせ、読み語り活動が大変活発ですが、参加者は限られています。一方、信州は果物、農産物や特産品に恵まれており、これらをテーマにした文学作品が...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク