無敵のファシリテーター養成コース
7日間短期集中トレーニング



【目的】
このトレーニングコースの目的は、どんなチャレンジングな状況にも柔軟かつ適確に応対し、社会や組織、チームや企業を支援できるファシリテーターを養成することです。

【一万時間の神話】
一流のファシリテーターになるために一万時間のトレーニングは必要ありません。しかし、一定期間の集中的トレーニングと実践体験は必須です。また、闇雲に経験を重ねるだけではスキルの組織化・体系化ができません。単に成功や失敗を繰り返すのではなく、目的と意志をもった自己開発が必要なのです。

【基本から応用へ】
ファシリテーションの知識と方法は日夜進歩を遂げています。ファシリテーションは古くて新しい技術です。誰もが押さえておくべき基本的な知識があると同時に、多様なニーズや状況に応えるための応用があります。

【無敵のファシリテーターとは何か】
無敵のファシリテーター養成コースでは、単に新しいスキルを身につけるのではなく、受講者がそれぞれの領域で一流のファシリテーターとなることを手助けします。

・手厳しい非難や攻撃的な批判
・信頼関係のないチーム
・協力の得られない職場環境
・政治的に硬直化した組織
・相性の悪い上司・部下

など、一見して不利な状況の中にはファシリテーションの好機がたくさん潜んでいます。経験や知識に欠けるファシリテーターは、困難な状況に直面すると「どうしたら困難を乗り越えられるだろうか」と感情的なリアクションをしてしまうことが多いのです。一流のファシリテーターは「どうやってリスクを適確に捉えてチャンスを現実化していくか」と瞬時に思考を巡らし、行動に転換していくことができます。

【誰でも無敵のファシリテーターになれる】
ファシリテーションは料理のようなものです。誰でも習って実践することができます。どんな状況にどんな料理がふさわしいか、という問いに決まりきった正解はありません。料理人たるファシリテーターが、どんな腕を持ち、どんな道具と材料で、何を目指すかによって答えはさまざまに創り出すことができます。上達の意欲と時間を投資する意志さえあれば、どんな人でも一流のファシリテーターになれるのです。

■講座スケジュール 全7回
(1) 1/16(土)18:00-21:00
(2) 1/17(日)9:00-12:00
(3) 1/17(日)18:00-21:00
(4) 2/6(土)18:00-21:00
(5) 2/20(土)18:00-21:00
(6) 2/21(日)9:00-12:00
(7) 2/21(日)18:00-21:00
※1/17,21午後の時間帯はディベート道場です。希望する人は参加できます。

コース修了者にはメタノイア・リミテッドから認定修了証を発行します。


■無敵のファシリテーターのトレーニング内容
(以下の内容はトレーニングの進行状況に応じて柔軟に適宜変更されます。)

第一日 【ストラテジー】 1/16(土)18:00-21:00
ファシリテーターの仕事の成否を左右する戦略的思考と行動について学びます。戦略的であることはどのように可能なのでしょうか。ファシリテーターの計画やアジェンダと、その場で発現する想定外の状況とはどのように折り合いがつくのでしょうか。トレーニングではストラテジー(策)とセレンディピティ(運)の両立、計画の重要性と即興性の共存、具体的な戦略策定方法などについて扱います。

第二日 【プレゼンス】 1/17(日)9:00-12:00
ファシリテーターにとっての最大の武器であるプレゼンスについて学びます。どんな人にも存在感があります。たいていのファシリテーターは自分自身のプレゼンスに充分な自覚を育んでいません。自覚を持っているファシリテーターでも効果的に活用できている人はほとんどいません。トレーニングでは自分自身のプレゼンスを見出し、異なる状況に合わせて自分や他人のプレゼンスを自在に活用するダイナミックな方法を扱います。

第三日【マインドリーディング】 1/17(日)18:00-21:00
相手の心を読むことはどのようにして可能なのでしょうか。マインドリーディングの正しい方法と陥りやすい落とし穴について学びます。ファシリテーターにとって傾聴と共感は基本的なスキルでありながら、適切なレベルで実践することは必ずしもたやすくありません。優れたファシリテーターは必要に応じて非常に深いレベルで聴き、場合によっては「聴かない」ということも選択します。

第四日【メタスキル】 2/6(土)18:00-21:00
さまざまな知識や技術があっても、適切な心の姿勢に欠けるとファシリテーターとして効果的に機能することができません。メタスキルとは、実践的なスキルを十全に活用するための土台となる感情と意識のコントロールを要するものです。プロセスワーク(プロセス指向心理学)に学んで集団や組織の中に潜むエネルギーを汲み出し、自分がグループをコントロールするのではなく、グループが自己組織化するためのレバレッジを手に入れる方法を学びます。

第五日【テクニックとタクティクス】 2/20(土)18:00-21:00
ファシリテーターの「裏技」を学びます。表があれば裏がある。技に絶対というものはありません。テクニックを身につけることはプロにとって死活問題である一方、決してテクニックにおぼれないことが非常に大切です。とはいえ、人間は成功体験を積むとそれが自信につながり、自信が慢心へと陥りやすいのも事実です。自分の得意な手練手管を見つけたらそれを手放し、全体状況や場の性格に応じて新しい戦術を生み出していく柔軟性が必要です。目の前のリソースを寄せ集めて使うブリコラージュの方法を学びます。

第六日 【コンフリクト】2/21(日)9:00-12:00
組織や社会の中の人たちの多くは、対立や葛藤を「解決すべき問題」と見なしています。ほとんどのファシリテーターも同じです。勇気と力に恵まれたファシリテーターは勇敢にコンフリクトに立ち向かいます。用心深いファシリテーターは巧みにコンフリクトを回避します。智慧とスキルを備えたファシリテーターは、コンフリクトこそ新たな成長や発展の入り口であることを知っています。無敵のファシリテーターの真骨頂と言えるでしょう。

第七日 【ハーモニー】2/21(日)18:00-21:00
ファシリテーターのゴールは何でしょうか。社会は安定を求める一方で、組織は本質的に不安定なものです。しかし組織や社会におけるたいていの人は不安定な状況を長時間にわたって受け入れることができず、どこかに安定しようとします。ファシリテーターの重要な役割のひとつは、不安定を明確に把握しながら意図的にハーモニーと関わることです。無敵のファシリテーターの総合力は、いかに優れたファシリテーションを行うかではなく、社会や組織が必要とする創造性や自由をもたらすために発揮されます。ファシリテーターの中立性の神話と欺瞞についても扱います。

【テキスト】
組織の「当たり前」を変える(2006年)
プロファシリテーターの話がまとまる技術(2011年)

【参考文献】
組織開発ハンドブック(2005年)
プロセスコンサルテーション(2012年)

【リーディング・宿題】
このトレーニングコースではテキストや文献を読み、知的理解を育むことを重視しています。トレーニング自体はロールプレイングなどを交えた実践的な稽古ですが、稽古を実践に反映させていくための認知的枠組み(フレームワーク)を参加者自身が開発し、デザインできるようになるための思考と知識の獲得が不可欠です。リーディングは各回のトレーニング中に行うほか、毎回の宿題が課されます。宿題の中にはファシリテーションの実践が含まれる場合もあります。

【援用する理論や方法論】
このトレーニングコースでは、主に以下の理論や体系を建設的かつ批判的に取り上げます。

・複雑系科学、カネヴィンフレームワーク
・システム思考、U理論、その他システム論的アプローチ
・AI(Appreciative Inquiry)ほかポジティブアプローチ
・プロセスコンサルテーション(エドガー・シャイン)
・プロセスワーク(プロセス指向心理学)
・NLP、エリクソニアン催眠
・アレクサンダーテクニーク、エネルギーワーク
・ストラクチュアルダイナミクス(ロバート・フリッツ)
・インテグラル理論(ケン・ウィルバー)

ファシリテーターにとって理論は成果をあげるための道具でしかありません。特定の理論的立場や流派に極端に肩入れしてしまうとかえって不自由になりかねません。一方、理論体系を学ぶことは自分自身の知的インフラを整える意味でも非常に大切です。さまざまな理論体系を学びながら客観視して活用できるためのメタフレーム(認知的枠組み)を培うことが必要になります。


【遅刻や欠席について】
このコースは少人数による集中トレーニングです。欠席する場合は事前に事務局に連絡してください。欠席した回の内容については出席しているトレーニングセッションの中で補足します。

【放課後のサポート】
毎回クラスの後、受講者の個別の相談に応じてアドバイスを提供します。あらかじめ相談時間を予約するか、トレーニングの進行に応じてリクエストするかしていただければ、守秘義務のもとで助言や指導を行うことも可能です。

【対象となる参加者】
・プロのファシリテーターとして活動している人
・学校の授業や企業の研修などに携わる教師やトレーナー
・ファシリテーションを社会や組織のためにフル活用したい人
・ファシリテーションによってイノベーションを生み出したい人
・組織や社会においてリーダーシップを発揮したい人

すでに経験豊富なベテランのファシリテーターで「腕を上げたい」という人も、この分野に最近関心を持ち始めた人も、少人数クラスで互いに学び合うことができます。

■会場
銀座ビジネスセンター 他
東京都中央区銀座6丁目6番1号 銀座風月堂ビル5F
・地下鉄「銀座」(日比谷線・銀座線・丸の内線)B5出口徒歩2分
・JR 「有楽町」徒歩5分
http://www.ginza-bc.co.jp/bc/map/

■定員 12名

■受講料
 226,800円(税込)
☆STARクラブ友の会メンバー → 158,760円
年会費12600円で誰でも友の会にご入会いただけます。
   http://kokucheese.com/event/index/1758/
その他、各種割引あります。

■振込口座
三菱東京UFJ銀行 池上支店
普通口座 1037757
メタノイア・リミテッド
(完全返金保証。何らかの理由で完全に満足しない場合は全額を返金します。)


■講師紹介:田村 洋一

組織開発ファシリテーター。企業人教育、エグゼクティブコーチング、企業組織でのコンサルティングの豊富な実践経験と、多くの優れた教育家・コーチ・コンサルタントから学んだ経験を持つ。 2002年からメタノイア・リミテッド代表、ピープルフォーカス・コンサルティング顧問。ジェミニ・コンサルティング、野村総合研究所、シティバンクに勤め、日本、欧州、アジア、アメリカで大小さまざまなプロジェクトのマネジメント、国際的活動に携わる上で、ファシリテーションの多様なスタイルと方法論を身につけている。

著書に『人生をマスターする方法』(2008年)、『組織の「当たり前」を変える』(2006年)、『なぜあの人だと話がまとまるのか?』(2004年)、『プロファシリテーターの話がまとまる技術』(2011年)、共著書に『組織開発ハンドブック』(2005年)。


スポンサード リンク

開催概要

日時 (全7回(1/11, 17, 24, 31, 2/14, 21, 28))
日曜日 9:00-12:00
開催場所中央区 銀座、京橋
参加費226,800円(税込)
定員12人(先着順)
主催

お申込みはこちら

スポンサード リンク