ソーシャルメディアが一定レベルの普及を見せ、ここ最近では「顧客の声を聞く」「ソーシャル・リスニング」という言葉がかまびすしく喧伝されていますが、「顧客の声を聞く」こと自体は何も今に始まったことではなく、マーケティング・リサーチの基本とも言える行為でしょう。

では、なぜここにきて、これらの言葉が注目されているのでしょうか。
それは増加するウェブ上の顧客の声に、どう向き合えばいいか分からない担当者の悩みの裏返しのようにも見えます。

その答えの一つが、今回ご講演いただく河野武氏が提唱する「アクティブサポート」でしょう。今回のセミナーは、

「企業が顧客と本気で向き合わなければ生き残れない時代においては、<売るためのマーケティング>ではなく<売ったあとのマーケティング>をもっと真剣に考えるべき」

と主張される河野武氏から、実務へのヒントが得られる機会になればと、私たちは思っています。
5月の最終土曜日、ぜひ一緒に「愛される会社」について考えてみませんか?

今回は、まにまにカレッジ「まにゼミ番外編」として、合同会社かぷっとと関西マーケティング勉強会の共催でお届けします。

--------------------------------
【概要】

講師:河野 武氏 (こうの たけし)
   http://smashmedia.jp/

日時:5月26日(土)
   開場 13:00~
   講演 13:30~15:00 セミナー第1部
               「最愛志向のコミュニケーション戦略」
      15:15~16:15 セミナー第2部
               「アクティブサポート入門」
      16:15~16:45 質疑応答(約30分)
   閉場 17:00

   (※時間は目安であり、進行によって前後します)
   (※終了後、別会場で懇親会があります)

会場:ファーストサーバ株式会社 大阪本社 3F会議室

   所在地:大阪市中央区安土町1-8-15 野村不動産大阪ビル3F
      (地下鉄堺筋線「堺筋本町駅」下車 12番出口より北へ徒歩5分)


会費:3,000円 (当日受付にてお支払いください/領収書あり)
   ※領収書は関西マーケティング勉強会から発行します。

定員:70名

講師略歴:河野 武氏
1974年7月3日生まれ。立命館大学経済学部卒。コミュニケーション・デザイナー。企画屋。観光再生人。
1997年、ニフティ入社。2001年にニフティ退職後、フリーターとして数年過ごし、2004年から2005年までオンライン書店ビーケーワンの専務取締役兼COOを務める。ECサイト初となるトラックバックを導入し、また「入荷お知らせメール」などを考案した。また、はてな社との協業による商品の人力検索サービス等をプロデュース。2005年から2007年までシックス・アパート株式会社のマーケティング担当執行役員を務める。2007年から2010年までブックオフオンライン株式会社取締役を務め、サービスの立ち上げ全般のサポートに加え、「オトナ買い」や「デマチメール」などの独自機能を考案した。その後、フリーランスに。現在は数社のマーケティング支援の顧問・アドバイザーを務めるとともに、日本の観光再生のために「攻城団」を企画準備中。

--------------------------------
注意事項:

※本勉強会をきっかけとっした、ネットワークビジネス、宗教などの勧誘行為は堅くお断りさせて頂いております。あらかじめご了承ください。

※内容は都合により変更される場合があります。
※終了時間は多少前後する可能性があります。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2012年05月26日
開催場所ファーストサーバ株式会社 大阪本社 3F会議室
(大阪市中央区安土町1-8-15)
参加費3,000円(税込)
定員70人(先着順)
申し込み開始2012年04月20日 12時00分から
申し込み終了2012年05月26日 13時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2012年05月26日

ソーシャルコミュニケーション時代の「愛される会社」とは

大阪市中央区安土町1-8-15

http://kokucheese.com/event/index/34885/

ソーシャルメディアが一定レベルの普及を見せ、ここ最近では「顧客の声を聞く」「ソーシャル・リスニング」という言葉がかまびすしく喧伝されていますが、「顧客の声を聞く」こと自体は何も今に始まったことではなく...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク