コーチングでは言葉が重要です。
今回の研究会は、言語学の立場からコーチングを捉えます。言語学の授業や研究で、どのようにコーチングが活用されているのか?そんな疑問を一緒に考えてみませんか。どうぞ気軽にご参加下さいませ。

◆日 時◆ 2016年2月29日(月)19時00分~20時45分

◆会 場◆ 明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント3階 4031教室
      http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html

◆テーマ◆
  コーチングと言語学の共鳴

◆講 師◆
  饒平名尚子(アカデミック・コーチング学会理事、フェリス女学院大学 教授)

◆コーディネーター◆
  本間正人(アカデミック・コーチング学会会長、京都造形芸術大学 教授)

◆プログラム◆
  1.言語学の授業にコーチングを活用した事例(ケーススタディ)
  2.コーチングが言語学の研究に、どう活かせるか?

※当日の進行で変更になる場合があります。
    
◆参 加 費◆ 
  無料

◆主 催◆
明治大学サービス創新研究所/アカデミック・コーチング学会


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年02月29日
開催場所明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント3階4031教室
(東京都千代田区神田駿河台1−1)
参加費無料
定員50人(先着順)
主催

イベント概要

2016年02月29日

アカデミック・コーチング学会 2016年第1回研究会

東京都千代田区神田駿河台1−1

http://kokucheese.com/event/index/354505/

コーチングでは言葉が重要です。 今回の研究会は、言語学の立場からコーチングを捉えます。言語学の授業や研究で、どのようにコーチングが活用されているのか?そんな疑問を一緒に考えてみませんか。どうぞ気軽にご...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク