「〜3.11からの未来を描く〜2本立て上映会@むみじか」のご案内

3.11以降私たちは、どう暮らすのか?子どもたちをどう守るのか?
というテーマに向き合わざるをえなくなりました。
ピンチをチャンスに変え、地域でつながり助け合い越えていく、
そんなビジョンを描くために、私たちに力を与えてくれる2つの映画を上映します。
たくさんの方々とつながり、より良い未来を描きたいと私たちは願っています。
どうぞご参加ください。

■「シェーナウの想い」
この映画は、ドイツ南西部の小さな街、シェーナウ市(人口2500人)の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会をこどもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力会社を誕生させたその軌跡をたどるドキュメンタリーです。(62分)

■「内部被爆を生き抜く」
原発事故後の日本で、未来を、そして子どもたちを守りながら、前向きに生き抜いていこうとするすべての人たちへ、「内部被ばく」についてわかりやすく理解できるものをお届けしたい、と、この1年鎌仲ひとみ監督があたためてきた作品です。
4/28日ついに完成です。(64分)

■日時:5/24(木)10:00〜15:00

 第1部「シェーナウの想い」上映会&シェアタイム 
  10:00 受付開始
  10:30~11:31 「シェーナウの想い」上映
  11:31~12:00 レクチャーbyリプトンさん(トランジションタウン高尾)
  12:00~13:00 交流会・ランチタイム
            ベジカレー用意しています。
            軽食持ち込みもOKです♡

 第2部「内部被爆を生き抜く」上映会&シェアタイム
  12:30 受付開始
  13:00~14:00 「内部被爆を生き抜く」上映
  14:00~15:00 交流会・カフェタイム
            
■参加費:第1部 500円
    :第2部 700円
     (資料代&鎌仲監督へのカンパ代)

 ♡ランチ:ランチタイムベジカレー1食500円
       申し込み先着20名
       (参加申し込み時に申し込み下さい)

■会場:むみじか Mumijica <http://mumijica.com/>
 〒193-0845 東京都八王子市初沢町1299
 Tel 042-661-1634
 ●電車でお越しのばあい
 JR中央線、京王線 [ 高尾駅 ] 南口下車 南へ徒歩3分
 ●車でお越しのばあい
 駐車場はコインパークをご利用ください

主催:トランジションタウン高尾
   トランジションタウンたま

お問合せ  TEL:090-6167-1489(石川)
      Mail : nami.kondo427@gmail.com (近藤)

<トランジションタウンたま>
http://blog.livedoor.jp/plants427-tttama/

トランジションタウンとは、
自然環境やエネルギーなど地球規模の問題を 自分達の住んでいる小さな町の規模で考えること。そして地域資源の活用やお互いの支え合い、生活をシンプルに楽しく変えていくことで持続可能な暮らしにしていこうという数年前にイギリスで始まった市民運動です。
私たちは自然育児や手づくりの暮らし、自然体験活動などをしている子育て中の母親達が集い、「この活動を多摩地域で広げよう!」と活動をしています。




  


スポンサード リンク

開催概要

日時 2012年05月24日(2012年5月24日 第1部10:30〜 第2部13:00〜)
開催場所むみじか Mumijica
(東京都八王子市初沢町1299)
参加費1,200円(税込)
定員50人(先着順)
申し込み開始2012年04月30日 09時00分から
申し込み終了2012年05月24日 10時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2012年05月24日

5/24(木)「シェーナウの想い」「内部被爆を生き抜く」上映会

東京都八王子市初沢町1299

http://kokucheese.com/event/index/36036/

「〜3.11からの未来を描く〜2本立て上映会@むみじか」のご案内 3.11以降私たちは、どう暮らすのか?子どもたちをどう守るのか? というテーマに向き合わざるをえなくなりました。 ピンチをチャンスに変...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク