テーマ:神経筋疾患の呼吸ケア ~排痰補助装置を使用して(実技)~
講師:独立行政法人国立病院機構八雲病院  理学療法士  三浦 利彦 先生
 八雲病院は筋ジストロフィー120床 重症身障害児(者)120床をもつ小児期発症の神経筋疾患専門マネジメント―センターです。理学療法士として呼吸ケア・リハビリテーションに取り組む三浦先生は「筋ジストロフィーのリハビリテーションマニュアル」の発刊にも関わられています。
現在、在宅医療でも排痰補助装置を保険で利用できるようになりました。これらを使用することにより、喀痰を容易に排出し、窒息の回避や肺炎の予防効果が期待できます。今回は神経筋疾患の呼吸ケアに関してRTX、MI-Eなど実際に体験しながらしっかりと学びます。

参加対象 :病院、在宅で呼吸ケアに携わっている医師・歯科医師・看護師・セラピスト・薬剤師・栄養士・臨床工学士等すべての人


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年03月13日(研修時間10:00~15:00)
開催場所アステップKOBE
(神戸市中央区橘通3丁目4-3)
参加費3,000円(税込)
定員120人(先着順)
申し込み開始2016年01月10日 00時00分から
申し込み終了2016年03月08日 00時00分まで
主催

イベント概要

2016年03月13日

第14回 神戸在宅呼吸ケア研修会

神戸市中央区橘通3丁目4-3

http://kokucheese.com/event/index/367350/

テーマ:神経筋疾患の呼吸ケア ~排痰補助装置を使用して(実技)~ 講師:独立行政法人国立病院機構八雲病院  理学療法士  三浦 利彦 先生  八雲病院は筋ジストロフィー120床 重症身障害児(者)12...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク