Xデザイン学校では、ユーザー体験、人間中心設計、デザイン思考、サービスデザインなどを基礎にしながら、誰でもがデザインを活用する社会に向けてのデザインの学びと研究を推進します。講師には、この学校に賛同してくれる最新の実践や研究を推進している方に協力してもらい、情報デザインフォーラム、HCD-Net、各地のUXコミュニティなどとも連携しながら、この分野で日本で最高の学びと研究を目指していきます。

まずは2016年度は「Xデザイン学校(英語名 X Design Academy)β」として、「未来の学校」のプロトタイプを開始します。

これまでのスクールやセミナーと異なるのは、「未来の学校体験」の実験として、研究室のゼミのように、学生同士と教員が密接なつながりをもつ体験を目指します。そのための教育内容、教育環境やコミュニティも大事にしていく予定です。また、学校に入学する前、入学してから、卒業した後の長期の時間を考慮した育成を行います。例えば、学ぶ、実践する、研究する、教えるのを手伝う、教える側になることも考えています。

5月28日(土)の「Xデザイン学校・説明会」では、最初に、 「社会人の学び」 について、日野隆史氏と山崎和彦氏により話題を提供していただき、Xデザイン学校と入学申込み手続きについて説明をします。また、そのあとは希望により個人相談もいたします。このXデザイン学校に興味がある方は、ぜひご参加ください。また、当日に参加できない方は、Xデザイン学校の説明資料は、Facebookグループ「Xデザイン学校」に公開いたしますので、ご参照ください。


■Xデザイン学校・説明会
■主催:Xデザイン学校事務局
■協力:情報デザインフォーラム
■日程:5月28日(土)15:00-17:00(14:40受付開始)
■会場:ヤフー株式会社(六本木ミッドタウンタワー)
    受付はヤフー株式会社受付(ミッドタウンタワーの2F)
    http://tokyo.efsta.com/midtown_map.pdf
■参加費:無料 
■関連情報:事前に、Facebookグループ「Xデザイン学校」のメンバーになっていてください。
    https://www.facebook.com/groups/1002006226546231/
■申込(先順順)下部の「申込みはこちら」よりお申込みください。

■プログラム
□15:00-15:30 「社会人の学び」
・日野隆史(ヤフー)
・山崎和彦(Smile Experience Design Studio)
□15:30-16:00 「Xデザイン学校とは」
・山崎和彦(Smile Experience Design Studio)
・浅野智(経験デザイン研究所)ビデオメッセージ
□16:00-17:00 質疑及び希望により個別相談

■講師プロフィール
□日野隆史(ヤフー)
ヤフー株式会社 CISO室セキュリティ戦略室。明治大学経営学部経営学科卒業、住友銀行を経て、ヤフー(株)入社、決済、ID 関連業務プロデューサーを経た後、品質管理部でユーザビリティテストチームの立ち上げ、サービスデザイン手法の普及に携わる。HCD/ユーザビリティに関わる社内教育、普及活動を推進、現在に至る。

□山崎和彦(Smile Experience Design Studio)
Smile Experience Design Studio代表。千葉工業大学教授、人間中心設計機構副理事長。京都工芸繊維大学卒業後、クリナップ工業(株)、日本IBM(株)UXデザインセンターマネージャー(技術理事)を経て現職。米国IBM社 Academy of Technologyのメンバー、京都工芸繊維大学非常勤講師、日本デザイン学会理事, 日本インダストリアルデザイナー協会理事、グッドデザイン賞選定委員、経済産業省デザイン思考活用推進委員会座長など歴任。博士(芸術工学)。著書に『エクスペリエンス・ビジョン』(共著、丸善出版)などがある。デザインに関わる教育とコンサルティングに従事。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年05月28日
開催場所ヤフー株式会社(六本木ミッドタウンタワー)
(〒107-6211 東京都港区赤坂9−7−1 ミッドタウン・タワー)
参加費無料
定員65人(先着順)
申し込み開始2016年05月07日 00時00分から
申し込み終了2016年05月27日 00時00分まで
主催

イベント概要

2016年05月28日

Xデザイン学校・説明会

〒107-6211 東京都港区赤坂9−7−1 ミッドタウン・タワー

http://kokucheese.com/event/index/396844/

Xデザイン学校では、ユーザー体験、人間中心設計、デザイン思考、サービスデザインなどを基礎にしながら、誰でもがデザインを活用する社会に向けてのデザインの学びと研究を推進します。講師には、この学校に賛同し...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク