福島の原発事故から1年。事態は全く収束せず、流通に乗って汚染物質は広まっています。九州は遠いから大丈夫…なのでしょうか。中でも内部被曝がいちばん怖く、チェルノブイリの被害の大多数は、食べ物による内部被曝が原因だったことをご存知でしょうか。
元東京電力原子力技術者で、その後医師に転向した小野先生のお話をきいて、今まで知らなかった視点や考え方をしっかり学び、自分で判断できる材料にしませんか。北九州の自然と子どもたちの未来をみんなで守っていきましょう!

【講師】医師 小野俊一氏(小野・出来田内科医院院長)

◎託児はありませんが、小さなお子さんと一緒にご入室いただけます。
授乳室完備。各階にオムツ台有。


スポンサード リンク

開催概要

日時 2012年06月16日(開場14時30分、15時~16時40分(100分)小野先生講演会、16時40分~17時30分(50分)質疑応答)
開催場所大手町ムーブ5F大セミナールーム
(福岡県北九州市小倉北区大手町11番4号)
参加費800円(税込)
定員165人(先着順)
申し込み開始2012年06月03日 23時00分から
申し込み終了2012年06月16日 00時00分まで
主催
タグ

イベント概要

2012年06月16日

フクシマの真実と内部被曝

福岡県北九州市小倉北区大手町11番4号

http://kokucheese.com/event/index/40126/

福島の原発事故から1年。事態は全く収束せず、流通に乗って汚染物質は広まっています。九州は遠いから大丈夫…なのでしょうか。中でも内部被曝がいちばん怖く、チェルノブイリの被害の大多数は、食べ物による内部被...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク