元、東京電力の原発技術者で、現在は熊本の内科医の院長先生が語る
「フクシマの真実と内部被曝」講演会

 政府により「収束宣言」が出された福島原発の事故。しかし現実は、今も放射能の流出が止んでいません。広域ガレキ処理の問題も、この5月には北九州にガレキが運び込まれ、試験焼却が実施されました。今、大分県でもガレキの処理が検討されています。この問題については「被災地のことを考えると、どう考えたらいいのかわからない」という声も聞かれます。
 そこで今回、この問題に詳しく、『院長の独り言』というブログでも積極的に発信している熊本の内科医院長、小野俊一先生をお招きし、お話をうかがいます。子どもたちの健康や未来に関わるこの問題を一緒に考えてみませんか。 

<小野俊一氏 プロフィール>
1964年広島生まれ 東京大学 工学部 卒業1988東京電力入社 7年間勤務後、退社熊本大学医学部 卒業現在、小野・出来田内科医院 院長
ブログ:http://onodekita.sblo.jp/

<講師からひとこと>
福島で3.11以降、何が起きて、その影響はどうなっているのでしょう。「九州は離れているから大丈夫。関係ない。福島の人は大変だな〜」と他人事のように考えていませんか。東京電力の原子力部門に7年半勤めた経験と医師としての知識を活かして
・ 福島原発の事故
・ 放射能による環境汚染
・ 放射能の影響と内部被曝
・ 被災地がれき問題
に焦点をあてて説明いたします。
テレビ、マスコミで流されていない真実をお伝えできればと考えています。

<参加費の事前予約割引について>
※前日までに事前予約していただけますと参加料金500円ですが、
当日参加の料金は800円となります。
参加を希望される方は、なるべく前日までにこのサイト、あるいはお電話で、事前予約していただけますとお安く参加できます。
(おおよその参加人数の把握のために、事前予約にご協力いただけますと、事務局としてたいへんありがたいです。)

<託児について>
同じ建物内の別室に託児用の部屋を用意しています。
保険料、おやつ代として300円をいただきます。託児は、人数把握のために要予約とさせていただきます。託児希望の方は、お子さんのお名前、年齢、おやつなどで注意するべきことなどありましたら、お知らせください。


<電話、メールでの参加申し込み・問い合わせ先>
090-9595-5288(平野)、080-5216-1378(松村)
e-mail : mforest1@mocha.ocn.ne.jp


スポンサード リンク

開催概要

日時 2012年07月08日(14:00~16:00)
開催場所湯布院公民館 大ホール
(大分県由布市湯布院町川上3758)
参加費500円(税込)
定員250人(先着順)
申し込み開始2012年06月10日 00時00分から
申し込み終了2012年07月07日 23時59分まで
主催
タグ

イベント概要

2012年07月08日

「フクシマの真実と内部被曝」熊本の内科医、小野俊一氏講演会

大分県由布市湯布院町川上3758

http://kokucheese.com/event/index/40895/

元、東京電力の原発技術者で、現在は熊本の内科医の院長先生が語る 「フクシマの真実と内部被曝」講演会  政府により「収束宣言」が出された福島原発の事故。しかし現実は、今も放射能の流出が止んでいません。広...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク