第47回 月1原発映画祭+交流カフェ
【連続テーマ】被ばくと保養

┏─────────────────────────┓
 7月16日(土)『カノンだより』〈チェルノブイリ編〉
┗─────────────────────────┛
16:30 開場
17:00〜19:00 上映とトークシェア ■参加費700円/定員30名
19:15〜20:30 交流カフェ ■参加費500円(軽食+1ドリンク付)/定員20名

■上映プログラム〈チェルノブイリ編〉
1.鎌仲ひとみ監督からのメッセージ
2.チェルノブイリツアー(前編)
3.チェルノブイリツアー(後編)
4.リュボーフィさんの物語
5.かつての汚染地に帰還する子どもたち
6.26年後のベラルーシ
7.市民科学者 〜ベルラド研究所の取り組み〜
8.保養体験女子会@ベラルーシ

—————————————————————————
【鎌仲ひとみ・プロフィール】
早稲田大学卒業と同時にドキュメンタリー映画制作の現場へ。文化庁の助成を
受けてカナダ国立映画製作所に滞在し、メディア・アクティビスト活動。1995年の帰
国後はNHKで医療、経済、環境をテーマに番組を多数制作。主な監督作品に、
2003年『ヒバクシャー 世界の終わりに』、2006年『六ヶ所村ラプソディー』、2010
年『ミツバチの羽音と地球の回転』、2012年『内部被ばくを生き抜く」、2015年『小
さき声のカノン−選択する人々』。著書に『ヒバクシャードキュメンタリー映画の現
場から』影書房、共著に『内部被曝の脅威』(ちくま新書)『ドキュメンタリーの力』
(子供の未来社)など。多摩美術大学非常勤講師。
公式サイト http://kamanaka.com/

■会場:谷中の家(東京都台東区谷中3-17-11)
メトロ千代田線千駄木・JR日暮里・JR西日暮里下車徒歩7分。
よみせ通り、延命地蔵を東へ入る、2筋目を南へ入って東側。
築54年の木造耐震補強民家。目印は格子戸。

■予約方法:以下いずれかの方法で必ず予約してください。
1.申込みフォーム(お手数ですが、内容ごとに別々にお申し込みください)
・7月16日(土)上映 http://kokucheese.com/event/index/411499/
・7月16日(土)交流カフェ http://kokucheese.com/event/index/411500/

2.メール eigasai★jtgt.info ←★を@に置きかえてください。
*件名を「月1原発映画祭申込み」として、参加者氏名(複数の場合は全員の
氏名)、参加日(7月16日)、参加内容(上映、交流カフェ)を明記
してください。

3.電話 090-1265-0097(植松)、または090-9492-0075(西川)

*交流カフェは上映会に参加される方が優先となります。
*キャンセルされる場合は必ず事前にご連絡ください。

■主催:月1原発映画の会
問い合わせ先  eigasai★jtgt.info ←★を@に置きかえてください。
http://www.jtgt.info/ (地域から未来をつくる・ひがし広場内)


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年07月16日(17:00〜20:30)
16:30開場
開催場所谷中の家
(東京都台東区谷中3-17-11)
参加費700円(税込)
定員30人(先着順)
主催

イベント概要

2016年07月16日

第47回(7/16) 月1原発映画祭+交流カフェ (上映参加申込)

東京都台東区谷中3-17-11

http://kokucheese.com/event/index/411499/

第47回 月1原発映画祭+交流カフェ 【連続テーマ】被ばくと保養 ┏─────────────────────────┓  7月16日(土)『カノンだより』〈チェルノブイリ編〉 ┗──────────...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク