近年、NPO法人の資金調達の方法が急速に多様化しています。寄付金に関しても善意を待つという受け身の姿勢ではなく、ファンドレイジング活動としてNPO法人が主体的に行動するようになっていますし、クラウドファンデングに代表されるようなネットを利用した寄付金募集の方法も拡大しています。また融資に関しても金融機関もNPO法人に関心を示すようになり、太陽光パネルを使った市民発電所建設資金の直接募集や、NPOバンクのような市民活動中心の金融システムの構築も進められています。さらにインパクト評価という新しい成果の測定方法も多く語られるようになっています。
 このような中、専門家がいかなる役割を果たし、会計の信頼性の確保のためにいかに行動するべきかが、今問われていると思われます。これらの情報を整理し、共有し、実務的な議論を行いたいと思いますので、多くの皆さんのご参加をお待ちしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【開催日時】2016年 9月 3日(土)14時~16時50分 【開催場所】神戸・三宮
なお、シンポジウム開始前、同会場におきまして13:00より当ネットワークの通常総会を行います。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
14:00~14:45 基調講演 テーマ『NPO法人への新しい資金の流れと専門家の役割』
          馬場 英朗氏 (関西大学 商学部 教授、公認会計士)
14:45~14:55 休     憩  
14:55~16:50 ディスカッション
≪パネリスト≫           
金  志煥氏 (公認会計士・税理士、日本公認会計士協会近畿会 非営利会計委員会NPO法人小委員会)
実吉  威氏 (公益財団法人 ひょうごコミュニティ財団 専務理事、
       認定NPO法人 市民活動センター神 戸 理事・事務局長)
坪井 眞里氏 (特定非営利金融法人 東京コミュニティパワーバンク 理事長、
        全国NPOバンク連絡会 事務局長)
馬場 英朗氏 (関西大学商学部 教授、公認会計士)
山田  広氏 (日本政策金融公庫神戸支店 国民生活事業 事業統轄) 
≪進行役≫
岩永 清滋氏 (公認会計士・税理士、NPO会計税務専門家ネットワーク理事、
       NPO法人会計基準協議会 質問掲示板回答専門委員会 委員長)
終了後、19:10頃まで 交流会(交流会場はシンポジウム終了時にお知らせします。)

【会 場】 神戸国際会館 セミナーハウス 9階 大会場 
       神戸市中央区御幸通8‐1‐6  TEL: 078-231-8161
     JR・阪神・阪急三宮駅より徒歩3分、そごう神戸店南側
【参 加 費】 2,000円(主催・共催団体会員は無料)
        ただし、交流会は参加費5,500円程度の予定です。当日会場にてお支払ください。
【定  員】 150名(先着順:なお、定員を越えるまでは申込受付の返信は行いません)
※近畿税理士会・日本公認会計士協会認定研修
【主 催】    認定NPO法人NPO会計税務専門家ネットワーク 
【共 催】    関西NPO会計税務研究会、NPO会計支援センター
【後 援】    兵庫県、神戸市


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年09月03日(14:00~16:50)
開催場所神戸国際会館 セミナーハウス 9階 大会場
(神戸市中央区御幸通8‐1‐6)
参加費2,000円(税込)
定員150人(先着順)
申し込み開始2016年07月08日 10時00分から
申し込み終了2016年09月01日 10時00分まで
懇親会 17:10から19:10
懇親会場所シンポジウム会場近く
懇親会費5,500円前後(税込)
懇親会定員50人(先着順)
主催

イベント概要

2016年09月03日

シンポジウム NPO法人の新しい資金調達の流れと専門家の役割

神戸市中央区御幸通8‐1‐6

http://kokucheese.com/event/index/411593/

 近年、NPO法人の資金調達の方法が急速に多様化しています。寄付金に関しても善意を待つという受け身の姿勢ではなく、ファンドレイジング活動としてNPO法人が主体的に行動するようになっていますし、クラウド...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク