社会的養護における当事者参画を考えるシンポジウム
< 日本とアメリカの取り組みから >

◎社会的養護の当事者が「参画する」とは、どのような取り組みであるのか。社会的養護のもとで育ち、当事者参画の経験を持つ日米の若者たちとともに考えるシンポジウムを開催します。

◼︎ シンポジスト
山之内歩 IFCA 日本ユースチームリーダー(他)
ダニエル・ルゴ IFCA 米国ユースチームリーダー(他)
ティム・ベル IFCA 理事・FosterClub 理事
IFCA日本チームのユースと、米国から来日中の6名のユースが、自らの経験を語ります。

◼︎ コメンテーター
林浩康 日本女子大学教授             
粟津美穂 IFCA代表  

◼︎ コーディネーター
永野咲 日本女子大学学術研究院/日本学術振興会PD,   
NPO法人社会的養護の当事者参画推進団体日向ぼっこ副理事長  



スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年09月07日(1時30分から 4時40分まで)
開催場所日本財団ビル 
(東京都港区赤坂1−2−2)
参加費1,000円(税込)
定員50人(先着順)
申し込み開始2016年07月28日 12時00分から
申し込み終了2016年09月06日 21時00分まで
主催

イベント概要

2016年09月07日

社会的養護における当事者参画を考えるシンポジウム 

東京都港区赤坂1−2−2

http://kokucheese.com/event/index/416070/

社会的養護における当事者参画を考えるシンポジウム < 日本とアメリカの取り組みから > ◎社会的養護の当事者が「参画する」とは、どのような取り組みであるのか。社会的養護のもとで育ち、当事者参画の経験を...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク