国際基督教大学 日本語教育研究センター主催講演会
【認知プロセスと文章読解
~理解のしくみ、読解のしくみ~】

《日程》
2016年10月19日(水) 15:30-17:30 (15:00受付開始)
場所:国際基督教大学 本館1階 152教室
東京都三鷹市大沢3-10-2

《概要》
 文章を読んで理解するという行為は、心の働きから見ると、どのような過程なのでしょうか。読解過程を解明していくためには、人間が理解する仕組みをもとにして解かなければ問題の根本的な解決にはなりません。現在、国立国語研究所では、「日本語非母語話者の読解コーパス」を作成しています。「日本語非母語話者の読解コーパス」は,日本語非母語話者に日本語で書かれたものを読んでもらいながら,その理解過程を母語か母語に準じる言語で話してもらい,それを文字化し,日本語訳をつけたものです。
 日本語学習者の理解課程を探るにはどのような知見が求められるでしょうか。そこで本講演では、理解の仕組みから読解教育までを総合的に検討することにより、認知的に効果がある読解教育を考えていきます。

《講師プロフィール》 甲田直美
東北大学大学院文学研究科 准教授
京都大学大学院人間・環境学研究科修了。博士(人間・環境学)。日本学術振興会特別研究員、滋賀大学教育学部助教授を経て2006年より現職。2015年より国立国語研究所共同研究員。2002年~2003年文部科学省在外研究員、米国マサチューセッツ大学Faculty Scholar。専門は、文章・談話の構造および理解過程、会話分析。国立国語研究所による「読解コーパス」プロジェクト科学研究費研究分担者。主著に、『談話・テクストの展開のメカニズム―接続表現と談話標識の認知的考察-』(風間書房、2001)、『文章を理解するとは 認知の仕組みから読解教育への応用まで』(スリーエーネットワーク、2009)、『認知語用論』(2016、共著、くろしお出版)がある。


※本企画のちらし(PDF)は以下からダウンロード可
goo.gl/MzFMEs


スポンサード リンク

開催概要

日時 2016年10月19日(15:15~17:00)
開催場所国際基督教大学 本館1階152会議室
(東京都三鷹市大沢3-10-2 )
参加費無料
定員制限はありません
主催
タグ

イベント概要

2016年10月19日

認知プロセスと文章読解 ~理解のしくみ、読解のしくみ~

東京都三鷹市大沢3-10-2

http://kokucheese.com/event/index/424886/

国際基督教大学 日本語教育研究センター主催講演会 【認知プロセスと文章読解 ~理解のしくみ、読解のしくみ~】 《日程》 2016年10月19日(水) 15:30-17:30 (15:00受付開始) 場...

イベントは終了いたしました。

スポンサード リンク